【中国西安近辺;楊貴妃が沐浴した温泉地華清池】

 

今回は、最後の結論の方まで読み飛ばしていただいても結構です(^^)

 

前回のブログでも書きましたが、空を見上げますとジェット気流と共に太陽の光で輝きながら飛ん
でいるジェット機や爆音を鳴らして低空を飛んで行く軽飛行機やヘリコプターが見ることができます。
もちろん、自分の位置からは見ることもできない飛行機が、空の上には相当の数の飛行機が24時
間飛んでいます。

 

現在、全世界で就航している大小様々、すべての飛行機が地球上に着陸したら、全世界の飛行場の
敷地全部(自動車用駐車場敷地も含めて)を使っても、置き場所が足りないのだそうです(^^;

ですから24時間、空の上には驚くほどの飛行機が、これまた驚くほどのスピードでそれぞれの
目的地に向かって飛んでおります。

 

と同時に、地上でも就航中の飛行機が整備を受けていたり、飛ぶ番を待っていたり・・・。

ということは、地上待機中の飛行機と空を飛んでいる飛行機とを、絶妙のバランスで動かさなければ

ならないのですねぇ〜!?

 

さぁ〜、ちょっくら飛行場に行ってみませんか?(^o^)

 

その前に、「飛行場」と「空港」の違いを・・・。
「飛行場」は、飛行機が離着陸できるところで総てをいいます。
ですから、必ずしもでかい旅客機が発着する必要はありません。
「空港」は、旅客機や貨物機が発着し、「空の港」といえる飛行場のことです。

 

各国の飛行場には、クラス分けがなされています。

日本の呼び名は、昔は第1種、第2種、第3種と3階級に区別されていましたが、いまは航空法が
変わって、
 ・拠点空港(旧第1種・第2種空港)
 ・地方管理空港(旧第三種空港)
 ・その他の空港 12か所
 ・共用空港(自衛隊の設置する飛行場もしくは在日米軍が使用している飛行場で、
  民間の空港の機能も果たす空港)
に区分されました。
 
空港の規模や1日当たりの発着回数によって等級で分類されています。
ご想像の通り、拠点空港といえば成田国際空港、羽田国際空港ですね!
成田国際空港は会社管理空港で、東京(羽田)国際空港は国管理空港なんですよ!

この拠点空港は、特別な理由がない限り・・・一般の飛行機の離着陸はできません。

 

ただ非常事態宣言(メーデー・コール)を発信した飛行機であれば、セスナのような軽飛行機、グ
ライダー、モグラ(モーター・グライダー)、ULP(超軽量飛行機)でも、堂々とあの4000
m級に滑走路に緊急着陸できます。

 

堂々と・・・とは書きましたが・・・、後に、警察でコテンパンに調べられたり、始末書を出させ
られたり・・・、過失が認められたら・・・、民間飛行会社から損害賠償請求されることもありま
す・・・(^^; (だって、全部の飛行機の離発着を停止しますから・・・)

 

ちなみに、私は現在でも国管理空港である羽田国際空港RUNWAY34Rから東京タワーに向か
って離陸し、空に飛び上がるようフライト・シミュレターを初期設定しております(^o^)
もちろん成田国際空港からの離発着も時々、やっております。

 

ちょっと余談ですが、成田国際空港って有名です!
日本では、三里塚闘争の末、ゴタゴタをそのままにして造られ、いまでもそのまま放置の為、滑走
路やランプ(駐機場)が歪ですね!?
世界では、なんとまぁ〜着陸料が世界一高いことで有名です!
日本の空港の着陸料は、世界の空港と比較しますと高いのですね(^^;
利用料を直接負担するのは航空会社なのです。ところが欧米の空港では、乗客が支払う施設利用料
が高額に設定されており空港利用料の大半を旅客が直接負担する仕組みになっております。

 

さて空港に行きますと・・・、本当は鳥瞰図を見せながら説明すればチョチョイのチョイなのです
が・・・(^^;

 

まず滑走路がありますね!?
成田空港を例にしますとA滑走路が長さ4000m、B滑走路が2180mあります。
ジャンボジェット機(ボーイング747、エアバス380)などは燃費の悪いため無くなってゆき
ますから、もうこれからは4000mもの長さの滑走路は不要となるでしょう・・・!
両滑走路の幅は、なんと60mもあります。

 

次に管制塔があります。
空港のシンボルですね!?
滑走路や誘導路、駐機場スポット、空港周辺の空域も含めて360°視認できるようになっています。
ここには航空管制官が、その空港を利用する各国・各会社の飛行機(正式には航空機)の離発着の
順番、間隔、方法などの調整を行っています。
空港の心臓部ですね。

 

飛行場での管制管理は、空港内管制塔のVFRルームでやっております。VFRというのは、有視
界方式(visual flight rule;VFR)といいます。
見えない範囲での飛行機の到着・出発管理はターミナル管制所というところでやっております。
大抵は管制塔内VFRルーム階下にIFRルーム(レーダールーム)というのがあり、そこに管制官
がレーダーを見ながら通信機で飛行機とやり取りしております。

 

なんと東京国際空港、成田国際空港を中心に、いまでは多くの空港の管制業務を埼玉県のとある
場所でやっております。
管制塔にいる人たちが、そこの飛行場の見える範囲の管制指示をしています。

 

飛行場を離れて、日本では管轄する空域があります。世界では福岡飛行情報区が日本の中心として
登録されており、日本を大きく5つに分割し、札幌、東京、福岡、那覇の各航空交通管制部と航空
交通管理センターで航空路管制業務を行っております。

 

飛行機は、とにかく管制官の指示に従って決められたルート(トラフィック・ルートといいます)
を、指示された速度で離発着します。

 

さて飛行場に戻りますと、ご存じの私たちが頻繁に利用するターミナルがあります。
ここでは搭乗手続き、手荷物預かり業務、飛行機の離発着時刻表示と案内、セキュリティ業務、
国際線ではイミグレーション(出入国管理)を行っていますね!? 
もちろん、小売店・飲食店・宅急便や携帯電話、レンターカーサービスなどもここでやっています。

それ以外に飛行機で輸送する物資を采配する貨物地区と、飛行機のメンテナンスを行う整備地区が
あります。

 

もっと空港にあるいろいろな設備も観ていただきたいのですが、飛行機の免許に興味がなけ
れば・・・、まぁ〜いいかぁ(^^;

とにかく国際空港にもなりますとそれはそれはドデカイですね!

 

さてビジネス・リーダーのみなさん!

 

皆さんが、業界に関わる企業の工場や配送センター、研究所、その他多くの施設に出向かれ視察さ
れたとき、どこまで見ることができますか?
また、そこでの多くの機能を分解して、機能と機能の関係(連関性といいます)がどのようになっ
ているのか?

 

そのためにはどのようなインターフェイス(やり取り)、プロトコール(取り決め)があるのか?
を興味深く探った事がありますか?

 

実は、・・・「すげぇ〜なあ(^^)」って感動・感激して帰って来るのもいいのですが、そこでの多く
の機能が一糸乱れないで流れて行く姿、そこに働く人たち一人一人の役割分担のきめ細やかさを
垣間見れば・・・
「なるほど・・・組織は、一朝一夕には出来上がらない! 歴史がいる!」
「多くの目に見えないノウハウが活かされている!」
といった教訓を得ることができます。

 

だから・・・「三現主義」をビジネス・リーダーには強くお奨めするのです。
「三現主義」とは、「現場」「現物」「現実」と訳されますが、私は「現場に行け!」「現物を見よ!」

「当事者から聞け!」と完結文にします。

「現場」に足を運び、「場」を確認することですね!

 

「場」というのは、雰囲気であったり、活性度を感覚で捉えることが大事なのです!
「ピィ〜んと来る!」という言葉通りのイメージを持って下さい!  

「現物」は手に取り、物を確認することです。
臭ってみたり、噛んでみたり、なでてみたり・・・、そこで多くの現象を発見します!  

 

「当事者」から聞くことは、見えない多くの事実を知る上で非常に重要です!  

この「三現主義」をビジネス・リーダーが習慣とするようになりますと・・・会社をよくするには、
なるほど「凡事徹底」なのだと言うことが理解できます。

 

そうです!
「当たり前のことをやり続ける」ことなのです。

「現」という文字の意味は、「玉が見える」ことなのですね!?

 

ここで「見るの五段階」なる藤本理論をご紹介します。

 

見るの第1段階は・・・「ながめる」です。
焦点が合わず・・・ただボーッと見るのが「ながめる」です。遠くを見るとは言いません!
「遠くを眺める」といいます。ですから、まだまだ詳細な所まで見えていません!

 

第2段階は・・・「見る」です。
これは焦点を当てることです。
これでハッキリとみたい特定なモノを注視することができます。

 

第3段階は・・・「視る」です。
上述の注視の「視」です。こんどは、見たモノを取り上げて360度、上から下から、横から斜め
からと全部を外から視るのです!

 

第4段階は・・・「診る」です!
診断の「診る」です。
今度は、中味まで探るのです!
舐めたり、飲んだり、食べたり、特殊な検査をしたり、レントゲン・MRI・CTRなどで内部の
詳細を探るのも「診る」です!
ですから、健康診断という言葉にも「診」という字が当てはめられています。

 

最終段階の5段階目は・・・「観る」なのです!
そう!
「観察」の「観る」です。
この字は、「観音菩薩様」の「観」にも使われています。
「観」というのは、「感」「勘」にも繋がっています。
「ピィ〜んと来る!」というのはこのレベルなのです!

 

「三現主義」の清新なるモノもあります!
それは「健全なる懐疑心」です!

 

「信じるな!」「疑がえ!」「その目で確かめよ!」なのです。

この精神が「リスク・マネジメント」の精神となり、「想定外」を極力なくし、「念には念を入れ
る仕組み(システム)」を考えさせるのです。

 

とにもかくにも「空理空論」を排除するべきです!

 

特に中小企業のビジネス・リーダーにとって大切なことが3つあります。
ご承知の様に、
 仝楜劼料和  
 ⊆勸との価値観の共有  
 「三現主義」の徹底 商品品質の向上  
なのですね!?

 

『飛行場に行ったことがありますよね?』から、「三現主義」に繋げてみました(^^)

 

ありがとうございました。

 

 


 


【米国マンハッタン;エンパイヤステートビルからの眺めです!】

 

私は一応、パイロットとして飛行機を操縦します。
自慢するようですが、1級小型船舶操縦免許&特定免許も持っております。

ライト兄弟の初飛行からもう100年以上経ちますが、私たち人間は素晴らしい技術の発展を為し
てきました。

 

ご承知の様に、現在の飛行機はより早く、より大量に人や物資を運ぶことができるようになりまし
た。まだまだ進歩は止まることがないでしょう!?

 

ところで・・・今回の『飛行機が飛ぶ』というテーマを考えたのですが・・・そりゃ〜、航空工学
的にこうすりゃ〜こうなるじゃん!ってな答えをお話するつもりは毛頭ありません!

ビジネス・リーダーを対象にしたこのブログですから、やはり組織論に関わる所に着地したいのです!

 

実は、パイロットとして私は飛行機を楽しでいるのですが・・・、いざ空の上で飛行機が故障でも
したら、相当に強運でなければ無事に帰還することはできないでしょう!?(^^;
なぜなら故障が発生したとき、それがなんの故障なのか即座に判らないでしょう(^^;
そして、その原因と修理などもできないからです。
もちろん、「エマージェンシー・チェックリスト(緊急事態対応チェックリスト)」なるものは
ありますが、どこまで役に立つかはシミュレーションでしか判りません(^^;

自動車や船であれば、一旦停止で助けを求めることもできますが、ご想像のように・・・飛行機は
落ちるだけ(^^;

 

ところが飛行訓練に慣れ、免許を取得し、うれしさの余り、早く飛行機に乗りたくて、出発前確認
もそれなりに・・・飛び出すこと多々〜(^^;

 

ビジネスの現場でも、このようなことが頻繁に起こっています。
パソコン、コンピューターシステム、インターネット環境、工場の機械などなど・・・を操作する
ときに「エマージェンシー(緊急事態)」を想定して、その精神で使うことはほとんど無いのでは
ないでしょうか?

しかし、「安心感」=「安心、安全、信頼、感謝」を持たずに、私たちは日常、ほとんど無意識に
設備、機械、装置、道具を無造作に使っております。

『飛行機が飛ぶ』という意味深なテーマは、飛行機が飛行場をまともに飛び立って、確実に地上に
着陸するまでには、どれほど多くの人たちが関わり、機能、サービスがあるかを考えたいからなの
です!

 

私の知る素晴らしいパイロットの方がいます。
私は飛行訓練を始めてから、航空関連知識を習得するのに多くの航空関連書籍を購入し、読み漁り
ました。
その数多い書籍の中で、本当に腑に落ちることだらけの一冊があります。
三澤慶洋氏が著作された「図解でわかる飛行機のすべて」という本です。

 

私は飛行機の知識全般を理解するのに、この本が今でも座右の書となっています。

その本のまえがきを読んで、この著者は本物だと確信しました。
彼は飛行機の整備士の免許も持っておられます。エアラインの運航管理官もやっておられました。

 

彼は米国で、パイロット免許も整備士免許も取得されました。
パイロットは最初に、単発ピストン飛行機免許を取得します。これはプロペラが1個で、エンジン
がピストン型である飛行機の免許です。
この免許を取得して、それから約200時間くらいの飛行経験を積みながら併行して、計器飛行免
許を取得します。その後、お客様を乗せたり、お金をもらって飛行機を事業用として飛ばす為の
免許(いわばタクシー運転手の免許のようなもの)を取得します。
この免許を事業用操縦士免許といいます。
その後、プロペラが両翼に付いている双発飛行機の免許、そしてジェットエンジン付き飛行機の
免許(ターボ免許といいます)を取得します。
ここから一気に難しくなり、定期運送用操縦士の免許を取得して、エアーラインのパイロットにな
れます。

 

話が逸れました。

 

彼は、双発機の免許を取るための口頭試験で見事に落っこちたのです!
双発機の免許と言いますとなかなか取れません。お金と飛行時間がないと・・・(^^;
その時の試験官が彼にこのように言ったそうです。
「君は、事業用パイロット免許まで取得して、この試験にチャレンジしたそうだが、これくらいの
 飛行機のシステムについての内容は整備士でなくても知ってなくちゃダメだよ!」
彼にとっては強烈な言葉になり、双発免許を取る前に整備士の資格を取得するために整備士専門学
校に入学したそうなのです。

 

そして航空整備士学校の最初の授業で、教官からこれまた強烈な言葉を受けたそうです。
「この新入学生の中にパイロットはいますか?」
手を上げたのは2人。 
クラスには、彼ともう一人、パイロット資格を持っている者がいたそうです。
「離陸前の300人以上の乗客を乗せた旅客機のコックピットで警告の赤いランプが点き、ブザー
 が鳴ったとしよう。与えられる時間は30分。そのライトを消すことができるのは、我々整備士
 であり、かつ離陸して到着地に着陸するまでの飛行機の安全運行と乗客の命を預かっているのは
 整備士なのだ!」
と言われたのだそうです。

 

航空業界の中で、パイロット上位の考え方がまかり通っていますが、それは間違いであることを
彼は悟ったのだそうです。

 

飛行機の運航は、航空業界で働いている一人ひとりの役割が全うされて成り立っているのです
ね!?
総てのセクションが平等の立場にあるのです!

 

実は、航空整備士だけではありません。
空の上には、見えませんが相当の数の飛行機が24時間飛んでいます。

 

現在、全世界で就航している大小様々、すべての飛行機が地球上に着陸したら、全世界の飛行場の
敷地全部(自動車用駐車場敷地も含めて)を使っても、置き場所が足りないのだそうです(^^;
ですから現在のコロナ禍、数多くの飛行機が飛ぶことがなく地上に置かれなければならないのです
が、空港には置ききれないのです(^^;

 

24時間、空の上には驚くほどの飛行機が、これまた驚くほどのスピードでそれぞれの目的地に
向かって飛んでおります。

その航行を補助する航空管制業務にたずさわる人たち(航空管制官といいます)も365日、24
時間交替で働いています。
彼らの指示によって、安全に飛行機を決められたルートに乗せ、飛ばすことができます。

航空管制のコミュニケーションは無線を使います。

 

これまた、世界の陸地のあちこちに航空管制用レーダー、無線装置、宇宙からはGPSががあります。
それを保守する人たちがいます。

 

このブログでは図式化することができませんが、航空業界の連関図を書くことができます。
そう! 組織図です。

 

ビジネス・リーダーであるあなたは、あなたの企業・組織の連関組織図を明確に書くことができま
すか? 

 

あなたの組織にそれぞれの役割分担が明確に明記され(職務分掌といいます)、それが的確に機能
しておりますか?

また組織ですから、そこにたずさわる人たちは毎年、定年退職なども含めて退職し、新しい人たち
が入ってきて新陳代謝し続けます。
その変化と共に組織全体がスムーズに機能するためには、新入社員、新入組織員が、短期に戦略化
(役に立つ)できる仕組みが作られているでしょうか?

 

組織が環境の変化に対応するためには、新しい機能が付加されたり、新しいシステムを導入したり、
旧態依然の陳腐化した機能を削除消滅させたりしなくてはなりません!

多くのルールが発案・発令され、それが的確に遵守される仕組みが、あなたの企業・組織に出来上
がっていなければなりません。

 

これ・・・コンピューター・システムの話をしているのではありません!

『飛行機が飛ぶ』・・・、飛行機の飛行メカニズム、飛行機を飛ばす方法(航法)、航空ルール(航
空法)、大気の中を飛ぶのですから、気象については不可欠な重要事項です!

 

この『新ビジネス・リーダーいろは講』は、ビジネス・リーダーの「企業・組織論」と「精神論」を

説いてゆこう・・・いやいや問うてゆこうと思います。

 

ありがとうございました。

 

 


 


【中国興平県の馬嵬坡にある楊貴妃のお墓】

 

「経営者の健康は、会社の健康」という言葉があります。
特に中小零細企業では、「経営者」が転けたら「会社」は間違いなく転けますね(^^;

 

メルマガで「航空身体検査」について書いているうちについつい「航空無線通信士」の方に話しが
寄り道してしまい、戻ってくることができなくなりました(^^;
失礼いたしました。

 

「航空身体検査」の続きです〜(^^♪

 

一般的に機長といいますと、航空機の機長を指します。
「操縦をし、他の乗員に対して指示を出し命令し、指揮を執るのが役目である」
と定義されております。
旅客機または貨物機では、船舶と同じくキャプテンと呼ばれております。
小型機や自家用機、ビジネスジェットの機長は、PIC(ピーアイシー。Pilot In Commandの略で
指揮操縦士)と呼ばれております。

 

私がパイロットの資格にチャレンジしたのが55才の時です。
「自家用操縦士免許(陸上・単発・ピストン限定)」を取得したのが58才の時です。
自慢するようですが・・・、仕事をしながら、この年齢で、この期間で取得できたことはなかなか
のものです(^^)

 

飛行訓練生になるにも「航空身体検査」と言うのが最優先の課題でした。
ところが・・・当時、「航空身体検査」を受診しましたら見事に不合格となりました。

 

脳波検査、心電図などの所見は合格だったのですが・・・、持病に「糖尿病」と申告し、また常備
薬に糖尿病の飲み薬を書きましたら、その薬が国土交通省航空局航空身体検査基準では認可されて
いないためでした。
その薬を、認められている薬に変えて最低でも3ヶ月の経過観察の上、「国土交通省大臣判定会」
に審議してもらってからでないとダメだと航空身体検査医に言われたのです。

真面目に、新しい薬でチャレンジしました。
それで血液検査の結果・・・なんとかボーダー・ギリギリだけれど大臣判定に出そうということに
なり、毎月月初めに行われる審査会に診断書を出してもらうことにいたのです。

 

これが行けませんでした(^^;
即刻、「条件クリアー」したら合格というお達しが着たのです。
糖尿病に関わる起こりうる合併症のすべてが大丈夫である証拠を提出となりました。
まず、網膜症・緑内障が出ていないかどうかの精密検査結果を出すようにと・・・(^^;
続いて、日内血糖値変動を1ヶ月分提出・・・(^^;
腎機能精密検査結果提出・・・(^^;
冠動脈エコー検査結果提出・・・(^^;
と、はっきりいって難癖を付けられたような厳しい門前払い的な判定条件でした。

 

このままでは訓練もできないので日本の飛行学校の社長に相談しましたら、中国での航空身体検査
はでたらめに近いから、まずは中国の免許を取得して日本の免許に書き換えができるから、中国留学で

パイロット免許を取ったら・・・とアドバイスを受けました。
安易を主義にする私は即座にその方法に切り替えたのです。

 

中国広州での航空身体検査の一部始終は以前に書かせて頂いたとおりです(^^)

中国での航空機操縦士免許を見事取得?して、日本の免許を書き換えるにしても「航空身体検査」
合格が条件となっていました。

結局、書き換えではなく、一から日本の自家用操縦士免許を取る羽目となりました(^^;

 

あの大臣判定条件クリアーのために、体重を減らしたり、何度も総合病院眼科、泌尿器科、糖尿病
内科へ通ったりして、なんとか合格条件に達しました。

あれから・・・、毎年、大臣判定を受けなければ「航空身体検査合格証」を発行してくれなくなり
ました。これが辛かった・・・(^^;
毎回、条件が提示され、いつも申請から3ヶ月は発行が遅くなるのです(^^;
その間、日本で飛行機には乗ることができません。
ですからGUAMの飛行クラブに入り、日本で操縦スキルを磨くことができない時間、GUAMで
訓練をし、それなら・・・米国のパイロット免許も取ろうと決意しました。
(GUAMの飛行訓練学校は飛行機がクラッシュしたり、観光飛行優先で・・・いまだになかなか
飛行機に乗る時間が少なく、FAA免許取得に至っておりません)

 

なんと日本の航空身体検査大臣判定の条件は、毎回、イビリのような条件を出してくるのです。
また航空身体検査医も審査書提出に手間が掛かるので、私の提出書類を出すことを面倒くさがるのです。

なんとまぁ・・・大臣断定会がイビリの条件を出してきたのは・・・BMI25以下でした。
私の身長では、体重75kg以下を強要してきたのです(^^;

なんとか77kgまで落としたのですが・・・ダメなんです(^^;

担当の航空身体検査医もお手上げどころか私のことを毛嫌いし、診察や検査に行ったら居留守を
使うのです!
まず、診察申し込みの予約を入れようとしたら「休診です!」と嘘をつくのです。
直接出向いて行くと「今日は、今から学会で休診にします!」なんて・・・(^^;

 

頭にきたものですから・・・国交省航空局に電話を入れ、こうこうしかじかでと相談しましたら、
現在の航空身体検査医を紹介していただきました。
現在の医師は、先代から認定を受けた先生で、航空局との担当医師とも懇意で、私の診断結果を
見て・・・「なんだぁ〜これは大臣判定レベルではなく、ごくごく正常なので掛け合ってあげる!」
と快くお引き受けいただき、お陰様で現在は「認定合格」で「航空身体検査証」を発行していただ
いています。

 

先日コロナ禍の下、久しぶりに社会保険健康診断を受診しました。
これは大腸癌検診や胃カメラ検診もあったので受診したのです。
社会保険健康診断のその他の検査項目は、航空身体検査の方が厳しく、項目数も多いのです。
はやり・・・すべての項目がこの年齢で完璧に近い素晴らしい評価点がついて戻ってきました。

毎年の「航空身体検査」のお陰です。

 

「健康でなければ好きな飛行機に乗れない」、この一心で健康に留意する精進ができているのだと
感謝・感謝です。
飛行機はご承知の様に・・・落ちたらお終いです(^^;
そういった観点から・・・航空身体検査が厳しい理由もよくよく理解できます。

 

「非情の情」も同様の理由のあることわざですね!?

「夢・目標を持ち続け」「諦めないことです!」

 

私は、なんど「航空身体検査」でパイロットになる夢を放棄しようとしたか判りませんが、今は、
あの厳しい審査基準とやくざ風の重箱の隅っこイジメするクソッタレ教官に耐えて、自分が心身共
に強くたくましくなった事に感謝している次第です。

 

ぜひ皆さん、「健康あってのものだね」「経営者の健康は、会社の健康」を合い言葉に、健康管理
に留意しましょう!

 

ありがとうございました。

 

 


【今はなき中国広州にあった飛行訓練学校】

 

古い話で恐縮です。
かなり自慢話をすることになります。ご容赦下さい!

 

私は、飛行機の操縦士免許を中国でも取得しました。
平成20(2008)年秋頃に中国広州に向かいました。
「航空身体検査」と「中国操縦士筆記試験」を受けるために・・・。

広州に着いた翌日朝9:00、待ち受ける女性通訳と一緒に航空身体検査を行っている空港近くの
総合病院に出かけました。

 

当時の中国の病院は、日本の病院に比べて設備も機能も20年から30年は遅れていると確信しま
した!
なんと「総合病院」なのにホールも、受付付近も、廊下も・・・・暗いのです(^^;
それに受付の人も看護師も医者も・・・みんな無愛想、不機嫌(^^;
聖マリアンナ医科大学病院に視察に来いよ!って言いたくなりましたが・・・中国語ができないの
でだんまり、そこに半日以上いました。

 

最初に眼科の検査がありました。
測定装置は、私が小学生の頃(50年以上前)にやっていた視力検査設備です。
色盲(色弱)検査の本って、ご存じですか?
ボロボロなんです! 手垢もいっぱい着いていてまるで古文書みたいです。
今のコロナ禍ですと、誰も触りたくない代物です!

 

日本の航空身体検査との端的な違いと言いますと「下半身外見検査」がありました。
日本では決してありません!

 

下半身裸になるのです。
そうパンツを脱いでフリチンになるのです(^^;
かなり恥ずかしいのです(^^;

検査官が、私の方をニタニタ見つめながらおもむろに手術用ゴム手袋をはめるのです。

そして近づいてきて、なんと・・・ボ・ボ・ボクのチンチンを握って・・・、○玉をコリコリと
調べるのです(^^;
そのあと、四つん這いになれって言うのです。
もちろん中国語で!
私にはまったく解りません!
彼がこうせよと格好を見せるのです!

ぎゃぁ・・・そう肛門検査です!
両手で押し開けるのです!
指を押し込まなかったのだけは救いですが屈辱とはこういうことか・・・(^^;

中国では疣痔・切れ痔はパイロットにはなれないのだそうです(^^;
通訳の言うには、空の上の気圧変化で激痛が起こるそうなのです・・・ほんまかいなぁ???
もう恥ずかしいのなんの・・・って(^^;

検査官が下半身検査修了の証を検査ページにドカ〜ンと合格印を押しながら、ボクの一物を指さし
「デッ○イ・マーク」をするのです!・・・ハイ(^^) 
万国共通であることを知りました(^^♪
ちゃんと日本語で「どうだぁまいったかぁ!」って言ってやったのですが、彼に通じたかどうかは
定かではありません!

 

中国航空身体検査は甘アマでした。
中国航空機操縦士免許取得の斡旋をしてくれた日本のアビエーション・スクールの社長の言うとお
りでした。
一応、日本と同じ検査をするのですが、血液検査などはフリーパス状態でした。

 

翌日、中国での「航空筆記試験」がありました。
会場に入ると、私以外全員中国人の若い人たちです!
一人だけ女性がいました。なかなか凛々しい女性でした。
50人くらい居たでしょうか?

試験は、デスクトップ型PCで行うのです。

 

北京の中央局とオンラインになっているのだそうです。

問題はディスプレイに英語と日本語併記で出され四択(これも英語・日本語併記)なんです。
日本語の訳がところどころ意味不明です。英語の方が理解できます。

 

なんと筆記試験は厳重監視です。
おおよそ1分に1回ほど試験官がのぞきにくるのです。
天井には10コほどの監視カメラがある!

制限時間はあるのですが(忘れました)、パソコンでの択一式問題に回答クリックし終わったら「終
了(End)ボタン」を押します。

 

問題数は確か85問だったかな?

ですから、日本の航空筆記試験の方がはるかに難度が高いかが分かります。

 

実は米国の筆記試験も中国とほぼ同じです!
というより、米国FAAの問題を完全にパクっているのです! ですから、FAAの問題が解けれ
ば、中国でもちゃっちゃっとできます!

間違って、途中に「終了ボタン」を押してしまったらパァ〜です。

 

「終了ボタン」を押して2〜3秒しますと・・・、ジャァジャァ〜ん!
「合格」:87.3点がデカデカとディスプレイに表示されました!

その後、隣室の試験官室へ修了した報告に出向きますと合格証書をプリントアウトしてくれました。
なんとペッラペラの藁半紙なんです。日本ではもう見かけないですね!
そして、試験監督官筆頭でしょうか? 彼が青色の中国国家認定機関の印鑑(ハンコ)をドカンと
押し手渡してくれます。
とにかく中国はドカンと押すのが権威の現れなのでしょうか?
数人の試験官が「・・・・・(^^♪」
たぶんおめでとうって言ってくれてんだろう?
「シェ〜、シェ〜!」・・・にこっ(^^)

 

同年10月下旬から約11日間、再度中国広州に渡航して、中国民用航空総局(CAAC)の航空
ライセンス取得のための特訓をしました。
朝1.5時間、昼1.5〜2.0時間、夕刻1.5時間が毎日の日課です。
日本やアメリカではこんなことはできません!
最初の3日間は、ホテルに戻って着たらクッタクタでバタンキューでした。

渡航10日目にして、中国の訓練学校にいる訓練生(寮生です)の実技試験がありました。
なんと、あなたも受験せよって教官が言うのです。
日本の実技試験項目を知っていますので、こんな程度で合格はあり得ない!と確信しておりました
が、教官の言われるまま思い切って受験しました。
なんと合格しました。
なぜか?
中国では条件付きなんです。
教官に、その「条件」を試験官が文書にて呈示し、教官が責任を持って訓練すると宣誓サインする
のだそうです。

帰国して翌年の2月頃でしたが、日本で中国航空機飛行免許の取得を斡旋してくれた会社から、
中国の航空機操縦士免許が届きました。


これで日本での免許書き換えもできるのですが、私は飛行機操縦ログ時間を稼ぐために中国に行っ
たものですから、ここから試練(日本のクソッタレ教官による飛行訓練)が始まりました。

 

実は、操縦士になるためには、資格別、航空機の種類(飛行機・回転翼航空機・飛行船及び滑空機)
別の航空技能認定と筆記試験に合格しなければなりません。

「航空技能認定」は、ICAO(国際民間航空機関)に加盟している国のどこで取得しても書き換
え可能です!

 

日本で技能検定を取得のは大変です。
1時間当たりの訓練コストが高すぎます!
多くの人たちが「航空留学」をします。
アメリカやカナダ、ニュージーランド・オーストラリアがかつては主流でした。
バブル絶頂期には、フィリピンやインドネシアで簡単に免許が取得でき、日本での書き換え取得が
流行ったのですがインチキ取得をした人たちが多く、今ではこれらの国の免許では書き換え不可と
なっております。

海外で取得したライセンスを書き換えるには、日本の学科試験では「航空法規」だけ合格すれば
いいのです。

 

私も当初は書き換え組の部類を望んでおりましたが、一から訓練を受け、受験することにしました。
同年11月23日に行われた航空操縦士学科試験のすべての学科を受験しました。
学科試験は「航空工学・航空法規・航空気象・航空通信・空中航法」の5科目です。
学科別の合否が出て、学科別に5科目を取得すればいいのです。

 

中国との違いは、気象と航空通信がかなり違います。
もちろん法規は必須科目だけあって、まったく違います。

 

また、飛行機操縦で不可欠なATC(航空管制との通話)をするにも日本では、総務省認定の航空
専用無線士免許が必要です。
縦割り行政の典型的なものですね!?

 

もっとも簡単に取得できるのが「航空特殊無線技士」です。

平成20(2008)年10月に、日本国内の「航空身体検査」不合格となりました。
「航空身体検査」が合格しないと、訓練もできなければ受験は勿論できません!
持病の糖尿病Ha1c数値が基準を満たさなかったからです。12月に再受診したのですが、やは
り不合格でした!
日本での技能訓練のための飛行機操縦時間を取ることができません。
当年は無線資格取得にチャレンジしよう決意しました。

平成21年1月18日に「4級アマチュア無線資格」を取得しようと昨年末クリスマスの頃から
勉強を始めました。
勉強しているうちに、当日午後に「3級アマ試験」もあることが判り、それでは!と同時チャレン
ジすることにしました。
4アマの試験が午前中、3アマの試験が午後にあります。
結果は試験終了後、1時間半ほどで発表があります。
廊下に合格者の受験番号が張り出されます。
お陰様で4級も3級も一発合格できました。

 

 

実は高校生の時、私はアマチュア無線の2級を合格していたのですが・・・合格書をどこかにやっ
てしまっており再申請も面倒だし、当時の理論・技術とはかけ離れたものになっていると確信した
ので、再度、アマチュア無線技士の勉強をした次第です!
昔、電気の勉強(特に強電;高圧電気⇒一応、第3種電気主任技術者&電気工事士です)をやって
いたので、電気理論は復習のようなものでした。

無線装置(ラジオ)の理論も学生の頃、大阪日本橋に何度も通って自分でラジオ制作もしたりしま
したので、案外、抵抗感はありませんでした。

でも最近の電波の理論は新鮮でした!

街中や郊外を列車・自動車で移動すると数え切れないほどのアンテナ塔(電波塔)が目に入ってく
るようになりました。

 

勉強した本は、3アマも4アマもそれぞれ1冊だけ!
CQ出版社の「要点マスター」だけでした!
過去問を全部やればいいんですね!
ほとんどここから出ます。
100%出ると言っていいかなぁ!
たぶん間違いなく満点でした!?

 

3アマは「無線通信術」なる筆記試験があります。
昔は、本当に「ツー・トン」の送受信実技試験がありました。
0〜9,A〜Zのツー・トンを久しぶりに丸暗記です。
インターネットに自我流覚え術を公開している人が多くいます。
小生も何人かのサイトから覚え方をコピーさせてもらい、藤本流にしちゃいました。
もうすっかり忘れました(^^)

 

「4アマ・3アマ合格」に続いて、自家用操縦士になるためには「航空特殊無線技士」の資格を
取らねばなりません。
2月7日に国家試験があることを発見しました。
即、申し込みましたら、試験代行機関の(財)日本無線協会から直接電話連絡がありした。
2月の試験申し込み期限が切れているので6月迄お預けとなりました。

残念でしたが、これが幸いしました。

 

自家用飛行機の操縦に必要最低限の無線免許は「航空特殊無線技士」ですが、航空運送事業(エア
ライン)用航空機での航空機局や航空機と通信を行う航空局、管制などで、通信操作に従事する者
が取得すべき資格に「航空無線通信士」があります。

この「航空無線通信士」の試験は年に2回、次は8月です。

ですからこの際、6月に「航空特殊無線技士」、8月に「航空無線通信士」の受験をしようと決意
したのです。

「航空特殊無線技士」の試験科目は、
 嵬祇工学」;3アマ±α程度かなぁ? 
 筆記試験は、電波新聞社発行の「特殊無線技士受験マニュアル」がいいですね!
 あと(財)日本無線協会から、過去問と解答がサイトにアップされています。

◆嵋ゝ」;航空関連無線設備用語を勉強しなきゃなりませんが、過去問をやるだけでほぼ完璧で
 す!

あと、「電気通信術」というのがあります。まさに実技試験です。 
 一分間50字の速度で欧文(欧文通話表に基づく)の送受信が約2分間できるかどうか?の実技
 試験です。航空の世界では、「フォネティック・アルファベット」と言います。
 A;アルファー、B;ブラボー、C;チャーリー・・・X;Xレイ、Y;ヤンキー、
 Z;ズルー って言います。

すべての筆記試験の前に「受話実技試験」がありました。

 

おんぼろのカセット・デッキからから流れる欧文通話表に従ったフォネティック英文暗語を聴取し
て、解答用紙に記載するんです。
意外に緊張しました。

「電子工学」「法規」の試験が終わり全員が退場したら、早速、「送話試験」があります。
問題用紙がクリアー・ファイルに入っています。
「はじめます!」
「本文」
と言ってから、5文字づつ読み上げます。
送信が終わったら「終わり!」です。

試験管がニヤニヤしながら聴いています。
「以前からやっておられたんですか?」なんて訊きながら、ウンウンと感心する顔をされたので
合格を確信しました。

フォネティック・アルファベットの練習は、航空学校(アビエーション・スクール)に入校したと
き配布されたCDをi−Podと自家用車オーディオに録音し、聞き続けました。
聞き慣れてから、街の看板に書かれている英語のアルファベットを一つ一つフォネティックに直し、
声を出して練習しました。
特に高速道路での道路標識の英字部分だけ観てフォネティックで大声出しました。

 

6月10日が「航空特殊無線技士」の受験でした。午後からの試験でした。
広島に行っておりましたので、広島で受験しました。

合格発表はアマチュア無線免許の試験と違って、6月末にハガキで知らされます。
生意気にも合格を確信しておりましたので、総務省のサイトから「航空特殊無線技士免許申請書」
をダウンロードし、1700円の収入印紙を購入し、写真も貼り付けて待っていました。
合格ハガキが到着した翌日、総合無線通信局に申請書を提出しましたら、1週間もしないうちに「免
許証」が届きました。(サイトには約1ヶ月後、免許証が届きますと書かれていました)

ここまではウォーミングアップですね!

 

いよいよ、8月の「航空無線通信士」受験の準備に入ります。
4月に、とあるインターネット・サイトで「○○の航空無線通信士受験クラブ」なるものを毎月数
百円で受講することができるのを見つけて入会しましたが、残念ながら役に立ちませんでした。
文系の人を対象にしたものだとのキャッチフレーズですが、たぶん、文系の人には難しい?
偉そうにも、そのサイト主宰者は通信講座の途中で「Sin・Cos」の説明なんかを入れるんで
す!
微分積分も権威付けなんでしょうか? 1頁ほど取って説明がありますが、私の方が上手に説明で
きる!・・・なんて(^^)

もちろん本試験では、微分積分、Sin・Cosなんて使わないんですね(^^;)

 

インターネット・ビジネスは花盛りですね!
またなんとインターネット通販で、「航空無線通信士国家試験[英語]対策資料」なるテキストも
売っていました。

安易を主義とする私は、もちろん直ちに購入しました。
が・・・やはり・・・大して役に立ちませんでした(^^;)

あえて役に立ったと言えるのは、日本無線協会から受験用英会話テープが販売されているとの情報
が書かれていたことでしょう!

早速、日本無線協会に電話を入れて購入しようとしましたら、10年前のものでテープものしかな
く、現在、CD−ROM制作中だというのです。
それでもいいからとテープを購入して聴きました。

英会話試験の設問をネイティブ女性が2回読みます。設題と解答が英文になった小テキストが付属
でした。
なるほど、こんな問題が出るのかぁ?
これで十分でした。

この「航空無線通信士」受験でも、(財)電気通信振興会出版「航空通:問題解答集」が有効です!
5年分の過去問です。
「無線工学」には解説もあります。
解説が解らないときは、インターネット検索で調べました。

「無線工学」のレベルは、2アマと同等かそれよりやや低めくらいと書かれたサイトを見つけまし
た。
しかしポイントどころは、「航空業界用語」が出てくることです。
たとえば、
VOR・DME NDB SSR ASR・ARSR PAR ATC ILS ACAS ・・
・とか(^^;)
特にレーダーの問題は、概して出題されているようです。

小生はお陰様で、飛行機の勉強をしておりますのでなんなく理解できました。

やはり重要なのは英語対策でしょう!
特に英会話です。ちまたでは、合格者は「英検2級レベル」と書いている人が多いのですが、もう
少し難しいように思います。できたら「準1級」くらいの勉強をされるといい!

英語は、過去問を10年分やってみましたが、最近は「国際電気通信連合条約」や「航空法規」の
英訳・和訳が出ていますね!?

 

当年の、実際の試験は、CO2削減に取り組むフィンランド航空の実例記事からと航空無線通信の
法律や遭難・緊急事態対策の通信手段の問題でした。

(財)電気通信振興会発行の「英語:航空無線通信士用」がよい参考書のように思います。半分の
ページまでは大変に有効です!
残り半分のページはATCと言って、航空管制と飛行機のやり取り集です。
試験には出ませんので、飛行機をやるんなら、航空管制官をやるんなら勉強した方がいいのかなぁ?

 

受験の感触は、お陰様でバッチリ!でした。

8月28日(金)が、「航空無線通信士」の合否発表ハガキの投函日でした。
日本無線協会に合否の問い合わせをしましたら、ハガキが届くのを待てとのこと!
28日の午後に投函したとのこと。
29日(土)の午前中まで郵便局はやっています。
出張中でしたので、自宅に日本無線協会からハガキが届いているかどうか電話を入れましたが、
家内はけんもほろろに「そんなもの届いてないよ!」(^^;)

30日(日)・31日(月)は富山県の方に・・・。
31日に家に電話してもいいんだけれど、家内のつれない態度が浮かぶのでやぁ〜めた!

1日(火)に自宅に戻るとお陰様で「合格通知」が台所の机の上にポツンと!

「航空特殊無線技士」の時と同様に、先んじて作っておいた「航空無線通信士免許申請書」(住所
・氏名・生年月日・住民票番号、押印、写真貼付済)に「合格年月日」と「受験番号」だけ記入し
て、すぐ投函!

9月19日に政権交代を見越していたのか、このような「航空無線通信士免許証」が届きました。

感激です!
パスポートと同様に日本国政府が世界でも通用する航空無線のオペレーターであるということを
証明してくれています(^^) 

 

何事もチャレンジですね!
「青春とは心の若さである」;好きな言葉です。

 

長々と自慢話の様なことを書いてしまいました(^^;

 

ありがとうございました。

 


 


 

【中国興平県の馬嵬坡にある楊貴妃墓の像】

 

一昨年前の話で恐縮です。
福島県では十本の指に数えられるマウンテン・バイク&ロード・バイク走者(アマチュア)のKさ
んに、ロードバイクの乗り方の基本と約17kmほどのそれほどきつくない坂道走法を直接教えて
いただきました。
その後戻って着て、私の事務所駐車場で八の字に走るように言われました。
それなりにできたものですから誉められながら、次はゆっくり八の字に走りながら自転車につけた
ボトルを地面に置いたり取ったりするお手本を示されながら、同じようにやるよう言われました。
結果は・・・見事にひっくり返りました(^^;
ビンディングといいまして、ペダルとバイク・シューズを固定する金具があります。
それをしていましたので自転車が傾いたときビンディングが即座に外れず、自転車ごと傾いて、
左膝っこを駐車場アスファルトに激スリしてひっくり返ってしまいました。

まだ1回しか着用していないワコールが開発し、大リーガーのイチローさんが愛用しているCW-X
エキスパートモデル(ロングタイツ)の膝小僧のところを破くだけでなく、アスファルトにぶつけ
るように擦ったため、かなり大きめの深い擦り傷ができました(^^;

そのとき、Kさんから思わぬ言葉を聞いたのです。
「自転車はまっすぐ勝手に走るようにできており、人間が余計なことをするからひっくり返るんで
 すよ!」
って・・・。

 

実はまったく同様に、飛行機の初期訓練で教官から、
「飛行機って飛ぶように造られてんだぁ〜、余計な操縦をするから飛行機は暴れるんだよ!」
って・・・クソッタレ教官(あれれ・・・私としたことが(^^;)が同じことを言っていました。

 

そうなんです!
飛行機は決められた姿勢を保てば・・・きちんと飛ぶように造られています。
とはいっても無風という条件の中でです。

今回は、空の上に上がってから飛行機をどのように操るかをお話しましょう!
前回もお話しましたが、「水平直線飛行」という基本操縦をマスターします。

 

このマスターには、クソッタレ教官からは「コツどころ」を教わることはなく、自分で試行錯誤し
ながら身につけてきたと言っても間違いありません!

しかし思い起こせば、これは時間の無駄、お金の無駄でした(^^;
「コツどころ」さえ教えてくれれば、十数時間も余計に乗らなくてもよかったことが悔やまれます。

 

特に日本での飛行機になりますと、乗っている人が少ないこと、ガソリンが高いことから、米国
本土の倍以上のお金が掛かるのです(^^;
済んでしまったことをジクジク言わないでおきましょう・・・(もう言っちゃった)。

 

皆さん、このメルマガを読まれたらすぐに外に出て、水平線か地平線の見えるところに行ってみて
下さい! そして次のことをやって見て下さい。

 

まず真っ直ぐに立って、体を向こうにある水平線(地平線)に向き、水平線を見て下さい。
そして、その高さは、感覚的に自分の体のどこの位置にくるか確認して下さい!
次に座って(しゃがんで)、同じ水平線を見て下さい。
また同様に水平線が自分のどこの位置にくるか確認して下さい!

 

このメルマガをこれ以上読まずに外に出て行かれると、読んでもらえなくなりますので・・・答え
を言います!
「立っていても、座っていても」・・・水平線、地平線は目の位置の高さに存在します。

 

灯台や高いビルの上に登って、同じように水平線を見ても・・・目の高さにあります。

このことを実感として身につけますと・・・、たとえば自家用車で道路を運転していましたら、
正しい姿勢になってまっすぐ水平線(地平線)へ視線を作りますと、道路の上がり、下り勾配が
感じられます。
前方に水平線・地平線がなくても、正しい姿勢で座って、まっすぐ目先を決めますと道路の傾きが
判ります。

 

飛行機の操縦は、どんなに急旋回をしても自分はシートにしっかりへばり付いて、慣性によって
体がよじれるのを押さえてさえいれば、飛行機の水平であるべき姿勢が判るようになります。

もちろん目線(視線)は、水平線にだけ合わせるのではなく、目標飛行方向にも視点を合わせます。
まさにこの目標までと水平線の交点までの延長線直線を「中心線」と読んでいいと思います。

 

この「中心線(目標線)」をしっかり取っていても・・・飛行機や船は、横風・横水流によって
押し流されてしまいます。
ややこしい説明をチコっと書きますと、飛行機の進行(向かっている)方向と機首の方向が合致す
ることはまずありません。

 

数学のベクトルというもので説明されるのですが、飛行機の進行方向というのは、飛行機の推進力
(機首の方向)、風向きと風速、重力の3つのベクトルの合力方向になります。

 

実は、私たちの人生も企業の成長目標も、まったく同様に外部から働く力と自らの持つ力目標方向
によって、まっすぐあゆんだり、クネクネあゆんだり、最悪の場合はまったく逆の方向や真っ逆さ
まの方向に転落することもあるわけです。

 

ですから「中心観」というものが明確でなければならないのです。
それはずっと向こうにある標的(マト)への道筋と同じなのです。

 

弓矢、アーチェリーを想像して下さい!
たった1°の角度の狂い、標的までの間に起こりうるちょっとした風(妨害のようなもの)によっ
て、矢は標的を射貫くことはできません。

人生であれば、「誘惑」であったり、ライバルの抵抗・障害などもありますし、自身の信念のよう
なものも揺らぐことで「中心観」はぶらつきます!
目をつぶって「つもり」で人生を歩んだいたり、飛行機を操縦すると大変な事態に遭遇することが
あります。
その確率も大変に高いのです

 

飛行機の操縦士免許を取得するために、目隠しをさせられ操縦をしたり、教官が「ヨッシ!」って
言うまで目を閉じさせられ、目を開いたときに真っ逆さまな状態や失速ギリギリかつ急角度に傾い
た状態で、飛行機を元通りの姿勢に戻す訓練を何度もさせられます。
目を閉じていると、こんなにまでなるのか!?という経験は非常に貴重なものになります。

もちろん、今の性能がいい飛行機にはオートパイロットという自動操縦装置がありますのが、普通
の飛行機には高価なのでなかなか付けることはできません。

異常な飛行状態を復行させる方法は基本的にただ一つ・・・「姿勢」を正しく保っていることなの
です!

 

「中心観」というのも、「心の姿勢」「体の置き方、向き方、立ち方、歩き方」なのですねぇ〜。

 

飛行機の操縦経験からしますと・・・、外を見ないでよそ見したり、意識が注意力散漫となったとき、
自身の「姿勢」が狂い、飛行機の「姿勢」まで来るって、思わぬ方向に全方位で変わってしまいます。
それをたちまちに修正することは、大きな【ロス】と【ストレス】と【リスク】が伴います。

 

ビジネス・リーダーはいつも「中心観」を確認するために、朝の唱和、朝の仕業点検、などによっ
て軌道がズレないようにしましょう!

 

ありがとうございました。

 

 


【中国西安の見事な城壁】

 

飛行機の訓練生になって、若い頃のことをヒシヒシと思い出すことがありました。
何を教わってもなかなかうまくゆかないのです。
がしかし、コツをつかめば・・・「なんじゃぁ〜こんなもんかぁ〜!」となるのですが、私が最初に
出会った意地悪な教官はそれを教えてくれません。私の日本での最初に出会った教官がそうでした。

飛行時間1万5千時間を自慢ばかりする職人タイプで、
「だから高齢訓練者はダメなんだなぁ〜」
なんて・・・ぬかし上がる!!・・・・あれれ、私としたことが・・・(^^;

 

米国の教官に習えば、一発でコツを教えてくれます。
日本での自家用パイロットが育たない原因はこの辺にあるのかも知れません。
ただ・・・、もちろん米国に行けば簡単かというと・・・一応、教官の話している英語が聞き取れ、
理解できなくてはなりませんので・・・訓練される人によっては同じであることも・・・(^^;

実は本来、仕事・作業も飛行機の訓練と同じなのです!

 

基本を学ぶ・・・実は「コツどころ」を学ぶことは非常に重要で、かつその後の教育訓練、実務に
欠かせないことであることを強調したいのです。

 

その「コツどころ」というのは、「教え方」によって天と地ほどの違いがあることを知る必要が
あります!

冒頭に書いた、日本でのあのクソッタレ教官(あれっ・・・また私としたことが・・・)に教わっ
ていたのでは、未だに私は飛行機の操縦ができていないでしょう!

彼は、撮影のための飛行支援などのビジネスをするかたわら、一応、飛行学校のオーナー兼教官

でした。

日本では「教証」と言いまして、教官免許がないとインストラクターにはなれません。

これは滅法難しい資格なのです!

一度取得した免許は生涯有効です。

名誉ある資格を持っていても、飛行時間何万時間であっても、操縦上手には違いありませんが、

教え上手かといいますと・・・私から言わせれば0点に近いものでした。

企業でも、熟練には違いないが、新人をダメにしてしまう上司・先輩は困ったものです。

彼は「うちは何処よりも訓練フィーが安いんよ!」と豪語しておりましたが、私から言わせると

米国で1時間操縦訓練を受けるフィーと比べたら高い(約2倍)し、彼から3時間操縦訓練を受けて

やっと1時間かそれ以下の効用であったら、何処よりも高いことは自明です(^^;

 

もちろん創意工夫によって実技が上手になり、考えることによって、より的確な実技能力がつく
ことを否定するのではありません!

しかし、入社した、未熟な社員をいかに早く「即戦力」として育て上げるかは企業に非常に大事な

戦略なのです! もちろん戦争はここです!

 

教育・訓練の基本は「コツどころ」なのです!

教育・訓練は、教育する側の「情熱」と「心づかい」なんですね!?
教育・訓練される立場にいる者より、教育する者によって、その成否が左右されることは自明なん
です!

 

教育・訓練を担当する者は、
 1)教育・訓練をやりつづける環境づくりをしなければならない。
  お膳立てのための計画、根回しができることなのです。そして、何よりも大切なこと
  は企業のトップが、我が社の教育・訓練の重要性を認識していることなんです!
  本来、人事の総責任者はナンバー2が司るべきなんです。会社にある仕事は、すべて
  人がやるんですから・・・。仕事と人を結び付けることのできるのは多くの経験を積
  んでいる人にほかならないでしょう!?

 

 2)教育・訓練をやらねばならない環境をつくっていくことも重要です!
  まさに動機づけなんです!
  そのための方法として、
   ・報酬による奨励
   ・懲罰による恐怖

 

がありますが、これらはどちらも一時的なもので外部から与えられるものですよね!?

そこで、教わる人の「心構え」を変えることが最も大切な環境づくりとなります。

 

良い思考と良い習慣づくり、言うことは簡単なのですが非常に難しい・・・。

『教育・訓練には時間がかかる』ことを肝に命じておかなければなりません。
忍耐のいる事業なんですよ!
 生半可なビジネスライクな気分で教える側に立つことが絶対にやっちゃぁダメですよ!

 

 3)教育・訓練は、「教える者」と「教わる者」との『戦い』なのです!
  教わる者が『なるほどぉ〜わかった!』と言って、身をもって例外なく実践し続けた
  とき、教えた者は教えたことになるのです!

  教えたにもかかわらず、それができなかったり、それを実行しなかったら教えたこと
  にはなりません!
  『教えた』という自己満足のみなんです!

 

 4)教育・訓練から習慣へ
  『しつけ』という字は躾』と書きますよね!?
  書いて字のごとく「からだが美しい」となっています。
  『しつけ』とは、「しつづける」ことでもあります。当たり前のことを当たり前に
  しつづけることは並大抵のことではありません!だからこそ、それが自然とできるよ
  うになったら、その姿は美しいですよね!?

 

スポーツなどのプロ選手のフォームが美しいのも自然だからなんです!
簡単なことと、楽なこととは違うもです。簡単なことほどやりつづけることは辛いことはご存じ
ですよね!?

 

人が簡単だと思うことをきちんとやりつづけることができるようになったとき楽になるんです。

辛いことに一本筋を通すと『幸』という字に変わることは以前にもお話しました。

また働くというのは「ハタを楽にさせること」ですよね!?
面倒なこと、他人がやりたくないことがやれることでもあるんです。

企業においても、当たり前のことを、簡単なことが、やり続けられることのできる時、企業文化が
明確になっていると言います。

 

CI(コーポレート・アイデンティティ)戦略などと一時、もてはやされた時期がありましたよ
ね!?

最も大切なポイントは『企業のしつけ』を確立することなんです!
ロゴを作ったり、色を決めたりするのがCIではないのです。

例えば、販売接客トークをきちんとロール・プレイング(役割演技法;互いに役割を演じながら
話しかたの訓練をする手法)によって繰り返し、飽きもせずやりつづける企業はさすがに競争に
強いです!

 

筆者がかつてお手伝いした企業は、毎朝の朝礼時、男子も女子も一緒になって行進訓練と大声を
出す訓練をやりつづけていました。
ですから営業所に入っていきますと、それはそれは素晴らしく気持ちのいい応対を受け感激します。
もちろんその地域の名物にもなっておりまして、実績もどんどん上がってゆきました。

 

また、教育・訓練の基本は、良いことを素直に受け入れることであります。
『学ぷ』とは『まねる』⇒『まねぶ』⇒『まなぷ』に変化したものなんです!

日本のお稽古ごとは、すべて型から入りますね!?型をきちんとやりっづけることによって心を
知るんです!

 

   千日の稽古を鍛とし、百日の稽古を練とす    (宮本武蔵〉

 

「千日」「百日」も同じことを繰り返し、繰り返し練習、訓練して始めて、身につくんです。

 

飛行機の操縦も自動車、自転車の運転も・・・。

 

そのために教える人の「コツどころ」が絶対不可欠となるんです!

御社の組織風土に、教える人の「心構え、心得」というのがきちんと示され、醸成されていますか?

 

私が、日米中の三つの国で飛行機の操縦訓練を受けた実感を述べますと、
 ・まず中国は、お国柄、日本人をお客様として扱い、飛行機に乗せてその楽しさを
  教えるために観光フライトを主とした。

 

 ・日本では、欠点を見つけてボロかすに言い、質問すれば「何々を読めば判る!」って
   逃げるんです。

  そして、操縦訓練中も「なにやってんだぁ〜!」と罵声だけ(^^;
  帰還してきたら、「今日、何がまずかったか思い返して、復習しておくように!」  だけ(^^;

 

 ・米国では、フロントガラスにマークを入れてくれたり、計器の重要ポイントにマーク
  を貼ってくれたり、帰還してから飛行機の模型とモデル計器を使って、丁寧に教えて
  くれるのです。その上、操縦訓練中は「いいね!」マークを多用し、ミスったら
  「もう一度やってみましょう!」と先にお手本を示してくれるのです。

 

それだけではありません!
米国のマニュアル、テキストは数え切れないほどあるのです。

最近では、eラーニングもあり、インターネットでビデオ・マニュアルがあります。
クイズと呼ぶ、テスト問題も豊富なのです!

 

私がチェーンストアの世界に足を踏み込んだとき、米国のスーパーマーケットと日本のスーパー
マーケットの違いを米国本土で確信しました。
米国に存在するマニュアルが、当時の日本にはほとんどなく、それを日本にもという使命感を持っ
たのも、飛行機の教習(教育訓練のこと)で確信した「コツどころ」なんだよなぁ〜というべき
感動があったからです。

 

人類生成発展のために「コツどころ」を伝授し続ける風土を作ろうではありませんか!
もちろん「以心伝心」の、書けない、話せない深い深意・真意をマニュアルにせよなんて言って
おりませんから・・・(^o^)

 

ありがとうございました(^o^)

 

 


第4講『基本』

【ご存知、兵馬俑です!】

 

前回は、「チャレンジ」講で地上走行(TAXING)のお話しから入りました。

 

地上走行は、まず真っ直ぐに・・・が科せられる課題なのですが、今度は自由に曲線を描いて曲が
ることをさせられます。とはいっても、やはり飛行場にあるTaxingーWayと呼ぶ黄色線や
滑走路から黄色線に沿って出る訓練が主です。

 

初心者のうちは、どうしても自動車に慣れているせいか操縦桿(セスナなどはハンドルに似ており
ます)を操作して曲がろうとしてしまうのです(^^; 

しかし、いくら操縦桿を動かしても飛行機は曲がりません。
両足つま先にあるラダーという方向舵を使わなくてはなりません。

 

ラダーというのは、自動車でいいますとやや大きめのアクセル・ペダルのような形をしております。
足のかかとを床に付けて、つま先でラダー右側で踏みますと逆の左足のラダーペダルは手前に来ます。
左右が逆の動きになるように設計されています。
右に曲がりたければ、右足を前に突き出します。左足を突き出しますと右足のラダーが手前に来て、
飛行機は左に曲がろうとします。

 

両足のラダーには、ブレーキもついています。
ブレーキは、ラダーのてっぺんを左右同時に踏みますと飛行機全体が止まろうとします。
片方のラダー・ブレーキを踏みますと、踏んだ方に飛行機が急回転しようとします。
カーブを曲がるとき低速(基本的にはパワーをオフ;自動車ではアクセルを踏まない状態)にして
ラダー・ブレーキを踏まなければなりません。
ディスク・ブレーキがダメになるからです。

 

自動車ですとアクセルを外さなければブレーキを掛けることができないようになっています。

地上走行は、飛行場では黄色線に沿ってタキシングすることが決まっています。

今度、飛行機に乗られる時には、飛行場の線をご覧ください!たくさんのいろいろな線、実線、
点線、色別にルールが決められています。

滑走路の中心線は、白の点線となっています。

 

最初は、滑走路の白点線で行ったり来たりのタキシング訓練を受けますが、少し慣れてきたら、
滑走路外の黄色い線の上をタキシングさせられます。
セスナのような主車輪が後ろの2本、前に小さな前輪が1個のような後輪式飛行機では、前輪が
ピタっと線に沿ってタキシングできるかどうか?また止めるときには、ピタッと決められた位置に
前輪が止まるか?がチェックされます。

 

こればかりさせられると飛行機を操縦したくなくなりますので、教官も心得たもので途中から上空
に行きます。

上空に行きますと、これまた基本を徹底的に訓練させられます。これがなかなかうまくゆかないの
ですが、コツをつかめば・・・なんじゃぁ〜こんなもん!になるのですが、意地悪な教官はそれを
教えてくれません。私の日本での最初に出会った教官がそうでした。

 

飛行時間1万5千時間を自慢する職人タイプで、
「だから高齢訓練者はダメなんだなぁ〜」なんて・・・抜かしやがる(^^;
(あれれ・・・私としたことが・・・(^^; )

 

米国の教官に習えば一発でコツを教えてくれます。
日本での自家用パイロットが育たない原因はこの辺にありそうです。
ただ・・・、もちろん米国に行けば簡単かというと・・・一応、教官の話している英語が聞き取れ、
理解できなくてはなりませんので・・・訓練される人によっては同じであることも・・・(^^;

 

空の上での基本と言いますと、第1番目は水平直線飛行です。
書いて字のごとく、水平に、まっすぐ飛ぶことなんです。

 

空の上で飛んでいる飛行機を想像していただくのに、私は氷上と同じだとお話します。
飛行機は空の上を滑っています。
飛行機が少しでも前のめりになりますと、スキーで滑り落ちるのと同じようになります。
もし左に傾きますと、左斜面のようになっているのと同様に飛行機は左に先進しながら滑り落ちて
ゆくのです。

前のめりのことを機首を下げる(ピッチを下げる)と言います。左右どちらでも傾きますとその
方向に滑り落ちてゆきますから、高度がドンドン下がってゆきます。
そうすると・・・スピードが出始めるのです。
特に機首下げを止めようと、こんどは機首を上げますと飛行機は上昇しますが、急にスピードダウ
ンします。
そうしますと推力がなくなり、それが結果的に揚力(浮き上がる力)を弱め、これまた高度が落ち
るのです(^^;

 

飛行機は水平でないと高度が上下します。特に初心者が操縦をしますとスピードが速くなったり
遅くなったりしながら波のように飛行機は上下しながら飛びます。
後ろに座っている人は、船酔いすることがあります。

 

また飛行機は左右どちらかに傾きますと滑って高度が落ちると言いましたが、それだけではなく
傾いた方に旋回を始めます。
そうしますとまっすぐ目的の方向に飛んでいってくれません(^^;
その上、高度が下がる・・・(^^;

 

このように飛行機を水平にまっすぐ飛ばすことが初心者には非常に難しいのです。
自動車や船は、上下になることはありません。もちろん道路が上下していたり、波があれば確かに
上下するでしょうが、簡単に姿勢は復元します。
飛行機は、その復元にコツをマスターしなければ大変なことになります。

 

直線水平飛行という基本ができてから、しっかり座学で航空工学の理論を学び、それから今度は
旋回という方向転換の訓練に入ります。
旋回については次回、お話します。

 

実は本来、仕事・作業も飛行機の訓練と同じなのです!
基本を学ぶ・・・実は「コツどころ」を学ぶことは非常に重要で、かつその後の教育訓練、実務に
欠かせないことであることを強調したいのです。

 

その「コツどころ」というのは、「教え方」によって天と地ほどの違いがあることを知る必要が
あります!

冒頭に書いた、日本でのあのクソッタレ教官(あれっ・・・また私としたことが・・・)に教わっ
ていたのでは、未だに私は飛行機の操縦ができていないでしょう。
もちろん創意工夫によって、実技が上手になり、考えることによって、より的確な実技能力がつく
ことを否定するのではありません!

 

ありがとうございました。

 

 


『チャレンジ(Charange)』

【ご存知、自由の女神像ですね!】

 

今回も私事を長々と述べさせていただきます。

 

何事も動機がなければチャレンジしたり、コトを起こすことはありません。
私が行う経営指導のほとんどは「How to」を教えることがありません。

 

以前にもお話をしましたが、重要ですので「玄人」「素人」「タダの人」を定義します。

まず「タダの人」ですが・・・、この人は何の目標もなく、朝、目が覚めたら手洗い・洗面、朝食
から夜就寝するまで有効・有用な時間を過ごしていない人です。

 

ビジネスリーダーとなる人たちを対象にした管理者研修の初期の段階で、私は研修生に問いかけます。
「あなたが棺桶の蓋を閉めるまで、具体的にやりたいこと”夢”を揚げて下さい!」
と・・・、そこから「人生設計」に着手します。

 

リーダーに「夢」がなくて、どうして部下・後輩に良い影響を与えることができるのでしょうか?
この管理者研修で「人生設計」のためにかなりの時間を使って、ほとんどが朝まで費やします。

 

そう!
「夢」をありったけ書き出してもらうのです。
そうすると・・・どこからか「もうないやぁ〜」「難しい〜」とか・・・声が上がります。
このことを「弱音を吐く」と言います。

私は妥協しません!
「あのさぁ〜、吐くという漢字;口遍に何って書く?」
「・・・・十一」
「もっと別には?」
「・・・」
「実は、口からプラス・マイナスって書くんじゃぁない!?」
「へぇ〜??」
「じゃぁ〜、この十一の一(マイナス)を取ったら、なんて字に変わるの?」
「叶う(^^)v」

「マイナスの言葉を吐かないで、プラスの自分をうんと想像(イメージ)しようよ!」

 

だんだん、イメージングができてきますと・・・「素人」になれるのです!
「素人」=「知ろうとする人」のことなのです。

 

目標を持った人は、その目標を手に入れる、できるようになるために「できない」「知らない」
ことが山ほどあることに、そこで気づきます。

企業も「素人集団」であればあるほど活性度が高いですね!?

「素人」=「素直な人」とも書けます。
なんとかして目標に向かいたいと「ド真剣」に考える人は、やはり「素直」です。
「できないことはできない」と言える勇気、「知らないことを知ったかぶりしない」で「知らない
・わからない」と言える勇気を持とうじゃありませんか!

 

素人(知ろうとする人)になると「ご縁」=「人脈」が引き寄せられてきます。
もうお分かりと思いますが、「ご縁」=「人脈」はすべて「何か事を成した人たち」なんです。

 

特に、素人にもっとも必要なのは「玄人」に出会うことなんです!
「エキスパート」「メンター」と呼びます。

「玄人」=「苦労した人」なんです。
「夢」「目標」を明確にして、その実現のために普通の人なら「不可能だ!」「ただ事ではない!」
「まさかぁ〜!」の努力を成し遂げた人だからです。

「玄人」のことを「名人」「達人」「匠」とか・・・いろいろな呼び方を付けますが、共通する
ことは「苦労」しているんです。

 

自分を磨き上げてゆくために、「辛」いことにも「一本筋を貫いて」やってきた人ばかりです。

と書くと・・・「やっぱ大変なんだぁ〜(^^;」って思ってしまう人もいます。

 

「玄人」は、傍で見ていると大変なことをやっているように見えますが、「玄人」は概して、そう
感じてやっているのではなく「好き」でやっているんです。だから、傍で見ているよりも「楽しん」
でやっているのです。

 

それは「素直」に自分の「夢」が叶うイメージができている(^^)v

「素人」と「玄人」は紙一重・・・「タダの人」はステージが違う(^^;

 

さて、いよいよ私のパイロット資格チャレンジのお話しです!

かつて、良くハワイに行く機会がありました。
ノース・ショアー(オアフ島北端海岸沿い)にデリンハムというところがあります。
ここでは、スカイダイビングやグライダー体験飛行をやっていました。

もちろん最初、興味本位にスカイダイビングにチャレンジしました。
地上で両手両足の開け方レクチャーとシミュレーション訓練を少し受けるのです。
同じ飛行機でダイビングする米国本土からきた男性がはしゃいでいます。
訊いてみると彼も初体験なのだそうです。
私は、高所恐怖症ではないのですが・・・、1年に数回ダイビング失敗があり、その悲惨な光景を
ガイドが説明していたのが頭に浮かぶんです。・・・本音は怖かった(^^;

いよいよ、7人乗りほどの飛行機にカメの親子方式で一緒に飛ぶインストラクターと乗り込みます。
離陸までは良かった。
まだ、あのアメリカ人・・・はしゃいでやがる・・・(^^;

実は違ったんですねぇ・・・(^^)
飛び降りる地点にまで着ましたら、そのアメリカ人が一番先に飛び降りることを宣告されたのです。
おそらく、私の顔が引きつっていたからなのでしょう。

飛行機のドアーを引き開け、そのはしゃいでいたアメリカ人とインストラクターがドア越しに立と
うとしたら・・・彼が叫き出したのです(^^;
「やっぱり止めるわぁ! いやだぁ〜!」
インストラクターは一所懸命に背中の後ろからなだめているのですが顔は笑っている。
「あんた、大丈夫だからさぁ!」
「いい! もういいんだぁ! いやなんだ! 止める! 止める!」
「だって、お金返さないって誓約書に書いてあったでしょう?」
「うるさい! そんなものいるかぁ!! 早く止めてくれろ!」
「本当にいいのぉ?」
「いいって言いてるだろう! こんにゃ郎! 止めるぅ〜!って言ってだろうが!!」
「あっそう!OK!OK!そんじゃぁ、手を放してこっち向いて・・・」
「あいよ・・・」って言ったかどうかは知らない・・・。
二人がいなくなっているではありませんか!
飛び降りたんですねぇ〜。
あれだけ泣き叫んでも、飛び降りてしまう強引さを目の当たりに観ていた私は観念しました(^^;
確かにドア越しに下を覗いた時、怖い!いやだなぁ!って思いましたが、観念した私には・・・
どうにでもなれのが湧いていました。
軽く「行こかぁ〜!」の声が後ろでしたときには、すでに飛び降りでいました。

あっという間に、パラシュート(当時はまだパラシュートでした)が開いて、体がフワァ〜っと
上昇したかと思うと、ゆらりゆらりと大きな螺旋を描きながら夢見心地で地上に降りてゆきました。
あれは・・・快感でした(^^)v

地上に着地してから、あの泣き叫び屋アメリカ人はどうなったかふと思い出したのですが、インス
トラクターが金具などを外していると、走り寄ってきたのがあの野郎なんです!
「おい! もう最高! 最高だったよぉ〜!(^^♪」
って感嘆の声、こえ、コエ・・・。
「怖くなかったのぉ?」
「ぜぇ〜んぜん! でもさぁ〜、飛び降りるまでは怖かった(^^;・・・チビッちまったよ(^^;」
コンニャロー・・・。
「今から、もうワン・トライしてくるからさぁ〜(^^)v」
もう別人なんです!(^^♪

 

確かに怖いのです。
でも一度、経験をすると・・・病みつきになる人がいるというのはこういうことなんですねぇ。
「やらずに・・・何も変わらない!」
至言です。

私はそのあと、グライダーの体験操縦予約を入れておりましたので、別人となってしまったヤンキ
ー男と別れました。

 

私の最初の飛行機経験はグライダーです。
もちろん、乗る前に地上で簡単なレクチャーを受けるのですが、スカイダイビングとはまったく
違って難しい。でも、なんとかならぁ〜な!の気分優先でした。
タンデムといって、前席に私、後部座席にインストラクターが乗り込んで、セスナに牽引され徐々
に高度を取ってゆきます。
ある高さに来たら、こちらの操縦席から牽引しているセスナ機に「離すよ!」って合図を無線で
送り、向うから「ラジャー」って返事がありますと床にあるレバーを引きます。
ロープがガシャンって外れるのです。
そこから、風切る音だけがヒュンヒュン聞こえます。
後部座席の老インストラクターがいろいろ説明をしてくれながら、「あなたもやってごらん!」っ
て優しく指示を出します。
言われた通り操縦桿を動かすとあれれ・・・気持ちいい・・・鳥になった気分が味わえるのとハワ
イのエメラルド・ブルーの海岸線に魅せられるのです。
「どうアクロバット飛行やってみたい!?」
ってインストラクターが尋ねるのです。
「やって!やって!」
と返事をしましたら、急に機首を真上にしました。
ひっくり返ると思いきや・・・前のめりになって機首が今度は真下を向くのです。
これはストール(失速)っていいます。
そのままジェットコースターと同様に落ちて行くのです。
もっともスピードが出たと思ったら・・・宙返りです。
そのあと、急旋回などをしてくれました。
はじめての経験ですからおっかなビックリとスカッと気分が入り交って、時間になったから飛行場
に戻るよってインストラクターに声を掛けられたら、これまた急旋回と急降下で飛行場末端まで
着て、静かにストンという感じで着陸・・・。

グライダーから降りてきたらインストラクターが「あなたはパイロットになれるよ!」って褒めら
れました。

 

それが動機となったことは間違いありません。

グライダー学校に入校を薦められましたが、海外ですからその気にはなれません。しかし、いつか
パイロットにはなりたいという「夢」が芽生えました。

都度つど、ハワイに行くたびにノース・ショアー:デリンハムに足を運び、グライダーに乗ること
を楽しみにしておりました。

 

そうこうするうちに、福島県いわき市に住む友人が、茨城県日立で飛行機に乗ってるんだっていう
のです。
「日立に飛行場なんてあるの? 免許はどうしたの?」
「ほら〜コレ! 簡単に取れるんですよ!」
彼に、たちまちそこへ連れて行ってもらいました。

なんとまぁ〜、そこは300mほどの土を固めた滑走路のある飛行場でした。
吹き流しが滑走路端に垂れていました。

プレハブ小屋とそれなりにしっかり作られた格納庫に2機のウルトラ・ライト・プレーンなるもの
がありました。日本語に訳しますと「超軽量飛行機」です。

オーナー兼インストラクターのおっちゃんがツナギを着て、ニコニコして待っていました。
オートバイのヘルメットにマイクとヘッドフォンがついているものを渡され、「このヘルメットつ
けな!」って言われました。
タンデム式(2人乗り)カヌーに羽根が付き、後ろにプロペラのある風防なしのおもちゃのような
飛行機です。

早速、やや凸凹飛行場滑走路をタキシング(走行)しながら、交信が正常かどうかチェック。
「これタキシングっていうの・・・聞こえる?」
「ハイ!」
「どこも触らないでねぇ・・・今からテイクオフ(離陸)するから〜」
「ハイ!」

あっという間に空の上に・・・。
「飛行機に乗ったことある?」
「ハイ!グライダーに少し・・・」
「あっそぉ〜、じゃぁ操縦してよ!」
「あっ、ハイ!」
「あれれできるじゃん!ラダー(方向舵)も使わないとダメよん!」
「えっ???」
「旋回する時、このように・・・」
はじめて、両足の位置にあるペダルがラダーであり、なぜ使うのか分かったのです。
グライダーに乗っているときには、お客様なのでそんな小難しいことは教えないのですね!
全部、インストラクターがやっていてくれた。

20分ほど、空の上を満喫して着陸し、一応、クラブハウスと呼ぶプレハブ小屋にもどってきたら、
「どうだった? 楽しかった?」
「いやぁ〜、面白かったですよ!」
「〇〇君から藤本さんのこと聞いているので、うちのクラブに入会したら、すぐ免許上げるよ!
 僕は審査員でもあるから・・・」
狐につままれた気持ちでクラブ入会誓約書にサイン。
なんとまぁ〜、本人のサイン&印鑑欄があり、かつ保護者または配偶者承認サイン&印鑑欄がある
のです。
家内に話したら一貫の終わりを感じましたので・・・私文書偽造(時効成立)。
左手で家内の名前をサイン、三文判を買って押印。
「今度来るとき、お医者さんに行って、健康診断書(この飛行機ではこの程度でOK)をこの用紙
 に貰ってきて・・・」
「ハイ・・・。」
「それから、これ学科試験問題集なんだけれど・・・一応、読んできて。そうしたら、免許申請
 すっから・・・」

てな具合で入手した似非ULPライセンス。
本来なら、タキシング〇時間、ジャンプ(3mほど飛んでは着陸)30回以上、上空〇時間、ソロ
フライト〇時間が実技検定条件なのに・・・。

 

もちろん免許をもらってから、時間があればULPに乗りに出かけ何度も乗っていたのですが・・
・、途中でつまらなくなってきました(^^;
航空法でスポーツ飛行機と呼ばれるULPは、飛行場から3km以上遠くに飛んではならないので
す。向こうに日立の海岸線があるのですが・・・、そこまで行ってはダメって言われるし・・・、
でも、行っちゃいましたが。
風が少しでも強くなると飛行中止・・・こっちの方が多い(^^;

 

今では、軽飛行機(セスナなど)の基本的計器類がきちんと搭載設置されていないULPはおっか
なくて乗れません(^^;

あのままのめり込んで無茶なことをして、よくぞ万が一になっていなかったなぁ〜と、いまさら
運の良さを嬉しく思っております。

いつの頃なのか・・・その日立にあったULP飛行場がなくなっていました。
理由、原因も知りません。

 

なぜ・・・無茶なと書いたかといいますと・・・「チャレンジ」というのは、無茶で無理があって
はならないのです!
綿密な状況判断と必要な技量を持ってチャレンジするならいいのですが、我流のチャレンジは運が
いいか悪いかで結果が大きく違います。

 

飛行機や船の世界では、最悪の結果は「死」なんです。

全世界の飛行免許取得で勉強しなければならない必須科目が「航空法」です。
同時にAIM(Aeronautical Information Manual)も必須科目です。
これは・・・いちいち面倒な!と思われる規制(ルール)がたくさん書かれています。
でも、よくよく勉強して理解してきますと・・・パイロットの命を守るために書かれたものだとい
うことが解ってきます。

 

御社の規定・規則は、誰のためにありますか?

「命」を掛ける全社員のためのルールや哲学になっていますか?
そうでないと・・・、結局、上手くゆかなかった時には、人のせい、社会のせい、政治経済のせい、
はたまた自分を産んでくれた親のせいになってゆくのです。

「チャレンジ」をするには、「勇気」が要ります!
空振りの「勇気」ではいけません!

しっかりした素地、知識、知見を身に着けたものを訓練するのです!

 

このシリーズの核心は・・・「命をかける」社業、人生をつくることなんです。

 

今回はここまでとします。ご精読ありがとうございました。

 

 

 


『プロローグ(はじめに)』

【中国の景勝地;桂林川上り】

 

まぐまぐのメルマガ連載を始めたのが平成18年(2006年)4月30日でした。
「ビジネス人生いろは考」という大見出しで第1号を発刊しました。

 

その後、「新人ビジネス・リーダーいろは考」につなぎ、「パイロット・コンサルいろは考」なる
ものも書きました。
途中で「ビジネス・リーダーいろは講」と変わり、変遷を経て、先日お陰様で発刊1,000号を
記録することができました。

 

当初は、中国地方で大成長中(現在も・・・)のスーパーマーケットが毎月発刊する社内報に、
1ページ分で新入社員や若い社員向けの人生の生き方論や精神的態度のあり方について連載させて
いただいたものを、テーマ別に「いろはにほへと」の頭文字にキーワードを代え、書き始めたもの
です。

 

毎週書きましたら、ちょうど1年で52週ありますから、同じ頭文字でできている重要キーワード
を数回使って1クールが1年となる勘定でした。
単純に約20年で1,000号となるのですが、途中から週2回、週3回発行になってきました。

 

恥ずかしながら当初は・・・、毎週、書くことが能力不足で完遂できずズルズルと週間発行の約束
を守れず10日毎になったり、はたまた1カ月も放ったらかしにしてしまったりしました。
ですからかつて、まぐまぐから「約束通りの期日を過ぎて、最近、発行されておりません。このま
ま放置されたら発行中止処分とします!」という警告までいただき、遂には本当に中止処分を受け
たことがあります。

メールで、何回かお詫びの文章をまぐまぐに送り、なんとか中止解除までしていただいた経緯があ
ります(^^;

 

A4版1行40文字×40行で原稿を書いており、まぐまぐ投稿毎にまぐまぐ指定の1行文字数に
変換しております。
原稿は毎度、プリントアウトしてファイリングいたしておりますが、コクヨ−フ650Sが8冊目
になっております。総枚数は優に2,000ページを超えております。

 

 

またこれから、「新ビジネス・リーダーいろは講」と題して1,002号からスタートです。
どうかよろしくお願いいたします。

 

実は、私は58歳の時に念願のパイロットの資格(自家用操縦士;陸上単発ピストン)を取得しま
した。

 

30才代前半に、スポーツ飛行機ULP(超軽量飛行機;ウツトラ・ライト・プレーン)の免許を
取得したのですが、あまりのめり込むことができませんでした。
それは航空法上、飛行場を飛び立ったら半径3km以内しか飛行範囲がないのです(^^;
ですから真面目に飛行していても飽きてきます。ましてや、ナビと呼ばれる他の飛行場への飛行
などは、闇でやっている人もいましたができません。
だんだん、詰まんなくなってきたのです。

 

その頃、ご縁をいただく機会に恵まれ依頼される仕事も激増し、止む無くでもなく・・・後悔なく
ULPを止め、仕事に没頭することができました。

 

時が過ぎ、いまから20年ほど前に釣り具販売店の社長がチェーン化したいということで、チェー
ン・ストアーを幹部候補生にお教えすることと経営のお手伝いをするご縁をいただきました。

 

この釣り具業界では、シーズンオフというのが当たり前の慣習があったのです!
もちろん、冬がそのシーズンオフなんですねぇ。
冬は売上が落ちても当たり前の風潮があるんです。
ところが、彼らに損益分岐点の勉強をしてもらい、月次の損益分岐点を出してもらったら・・・
なんとまぁ〜、秋から春先まで完ぺきに赤字経営なんです(^^;
ですから稼げるときに蓄えるのが釣具屋の真骨頂のような特異な世界を作っていたのです。

面白いんですよ!

 

釣り具メーカーのビッグ2というのは「シマズ:SIMAZU」と「ダイワ:DAIWA」なんで
す。この2つの企業は、ですから・・・冬場は赤字を計上して経営しているのか?と思いきや、
とんでもない! 利益をバリバリ上げています!
自転車用部品の世界トップメーカーはシマズってご存知ですよね!?
ダイワといえば、釣り具のほかにゴルフ・テニス用品でも有名です。
ですから、この企業にはシーズンオフがある訳がない!

なのに当社はシーズンオフでも、細々と店を開けているけれど・・・開店休業状態なんです!
おかしいんじゃぁない!?・・・って、言っちゃいましたねぇ。
だって赤字でも経営をしているんですから・・・。

 

もし夏場、競争店舗が近くに出店したり、何かのことで夏場に客数が激減したどうするんですか?!

社長をはじめ幹部候補生の諸君には、
「マーケティングとは、・・・、いや経営とは需要の創造なんだよ!」
って強く言いましたね。

 

読者の皆さんに強く訴えます!
単月であっても・・・赤字はまかりならんのです!
絶対に言い訳は無用です!
業界のせいでも・・・、お魚さんのせいでもありません!
確かに、いまは新型コロナウィルス・パンデミックの混乱によって経済がガタガタ状態ですから、
言い訳の材料になりますが・・・、誰も助けてはくれません!
TVの取材でお涙頂戴に応えている店主・経営者がいますが、TV局は間違っても絶対に助けて
くれません!
政治だって、行政だって・・・助けてくれません。
助成金、補助金をもらったからといって救われる訳がありません!
戦争で爆撃され、町もお店も営業所も工場も焼け野原になって、誰が助けてくれるのでしょう?

 

当社で当初から行っていたのが幹部候補者基礎訓練というものでした。
これは「考えて、考えて、考え抜いて」もらう訓練なのです。

「経営は人なり」という言葉をなんとなく理解されている人は多いのですが、どんなに経営規模が
大きくなっても「人財育成」ができていない企業は早晩に、「成長企業」ではなく「膨脹企業」=
「肥満企業」になってしまいます。
基礎ができていない企業の共通する言動は「他人、業界・競争競合企業、社会・経済のせい」に
なってしまうのです(^^;
「知恵を絞るクセ(躾)」ができていない企業・個人は、うまくゆかなければ・・・他人のせいで
終わりとなってしまうのです(^^;

 

ですからこの企業では基礎訓練を終えてから、当社の「冬場のマーケティング」というのは乾いた
ぞうきんであっても1滴の水が垂れるほど、深く深〜く考えろ!という課題を出しました。

 

結局は、これが当社の経営計画書を作る発端になりました。

 

私はもちろん、釣りのことについてはド素人です。
ですから、初っ端からこんな質問をしたことがあります。
「お魚さんって、冬眠するの?」、・・・「そんなことありません」
「漁師さんは、冬は休業しているの?」、・・・「いいえ!」
「なに釣っているの?」、・・・「冬には冬の魚が・・・」
「それじゃぁ〜、それをなぜ一般の釣り人は、その魚を釣ろうとしないの?」
「先生!冬の釣り場に行ったことがないでしょう! あんな寒いところで釣りなんかできないです
 よ!」
「寒くならないようにするためには、どうしたらいいの?」
「防寒具や暖房器具を手に入れなきゃ・・・」
「じゃぁ〜、それを売れば・・・!」
「・・・そうかぁ〜!(^^)」

 

それだけではなく四季を通じて釣り船の受付窓口を請負い、釣り船屋さんとコラボすることにも
なりました。
普通、釣り船屋さんが釣具屋さんでもあるのです。
ですから彼らは釣り具を売る訳にはいかないと言い出すんです!
「何を言ってるの! 釣り具を釣り船屋さんよりも安く仕入れて、釣り船屋さんに卸せばいいじゃ
 ん!もしくは、売れた釣り具の歩銭を払えばいいでしょう!?」
「また必ず、まとまったお客様の受付をしたらチャーター船を出してもらって、そこではインスト
 ラクターと題してわが社のスタッフも同乗して、教えながら釣りを楽しめば!?」
「・・・・・なるほど〜(^^)v」

 

私も何度か釣りに同行しました。
そうしたら、良く釣れるポイントというのは岸壁からでも、海岸砂地からでも、船からでも共通しているのです。
特に、底魚というのは岩場で藻がたくさん生えている場所に多く棲んでいます。
私のようなド素人は、何度も根架かりさせてしまうのです。
そう! 岩や藻に針が引っかかるのです(^^;
ですから結局、針を糸から切ってしまうのです。
餌と釣り針はなんども失なってしまうんです(^^;
高いルアーやジグも、すぐになくなるのです(^^;

「釣り船で釣り具も売ろうよ!」
「釣り場に駅弁のような、餌とか釣り具小物も売り歩こうよ!」

実際の話です。

 

もっとたくさんのアイデアを私も彼らも出し、シーズンオフと言われる時期でも、月次で黒字を
継続して出すことができるようになりました。

 

釣り船の請負・斡旋キャンペーンを何度もするうちに、当社独自の船をいつかは持とうよ!って
ことになりました。
そこで、幹部社員と一緒に「船舶免許」を取ろうということになったのですが・・・、なかなか
彼らは取ろうとしないのです。

 

既に、私は忙しい仕事の合間に、東京江戸川にあるヤマハ・ボートの教室に通って、2級船舶免許
を取得して、「あなた方も早く取なさい!私は、次に1級船舶免許を取るから!」というアファー
メーションを行って、きちんと試験を受けて取得したのです。
この1級船舶免許講習で航法や海上気象なども勉強しますが、これが面白かったのです!
勉強しているうちに、かつて、ULPの免許取得時に勉強した航空工学や航空気象にも範囲がおよ
び、沸々と・・・そんならいっちょ飛行機の本式操縦士免許を取ろう!と決断したのです。
もちろん、多くの方々に「今から、2年以内に飛行機の操縦免許を取得するから!」なんて宣言を
しました。

 

まずは、どのように勉強したり操縦の訓練を受けたらいいのか・・・、やろうと決めたら、インタ
ーネットで「パイロットになる」と検索して情報を集めたり、大型書店に行って飛行機の本を買い
込んできました。

仕事は自慢するようですが・・・激務に近い状態です。

 

まずは筆記試験の勉強から始めました。調べたら、飛行時間40時間で実技試験が受けられると
書かれていましたから、操縦技術より知識・原理原則だ!という意思決定をしました。

お陰様で、きちんと2年でJCAB(Japan Civil Aviation Bureau;国土交通省航空局)の自家用操縦
士免許を取得しました。

 

お陰様で2年の間に、知らず知らず、多くの勉強をすることができました。

3級アマチュア無線技士(本当は高校生の時に2級アマチュア無線技士を取得したのですが、免許証が

なくなったので)

特殊航空無線技士

航空無線通信士

中国自家用操縦士筆記試験合格
中国自家用操縦士免許

国交省自家用操縦士(固定翼)国家試験全5教科合格

中国で約40時間操縦訓練証明、・・・、そして現在、総飛行時間約300時間になっております。

 

一応、きちんとしたパイロットなのです!

 

前述しましたように、1級船舶免許と特定免許(海のタクシー運転手免許のようなもの)も持って
おりますので「セイラー」でもあるのです。
ですから、「パイロット」と「セーラー」なんですから「万年筆コンサルタント」と言ってもいい
のですが・・・どうも冗談では通りますが軽く感じます。

 

釣具屋さんとご縁ができたお陰で、「五十の手習い」とはよく言ったものですが、学生時代よりも
猛勉強をしたように思います。

 

頭が固くなっている時に丸暗記はいけません!
ですから、飛行機や船の勉強をしているのが経営姿勢、経営技術、環境分析、管理技術にどのよう
に活かせるかを紐づけしてみましたら・・・見事にほとんどすべてが当てはまるのです!

なぜか?、・・・「命をかける」からなんです!
最も簡単な理由なのです!

 

これから毎回、経営に命を賭けるけれども、先陣先達が教えてくれている原理原則・定石を飛行機
や船の航法技術や操縦精神姿勢などを経営に置き換え、またトピックスも含めてお話してゆきます。

 

第1回目は「擬似相関」という精神的に弱い人たちが陥るモノの見方が偏向して、どうしてもそう
なって欲しいだけの感情で「真実」「事実」を見誤る現象についてお話しました。
船乗りやパイロットは、「たぶんそうなるだろう!」「なって欲しい」で操縦をしちゃダメなんです!

 

パイロット訓練生の時、くそったれ教官が「飛行機ってのはなぁ、飛ぶようにできてんだぁ!」っ
て言う言葉が大嫌いでした。
飛行機の勉強をコツコツやって行きますと・・・、なるほど、くそったれ教官の言うことは正しい
ことが解ってきました。

 

ビジネス・リーダーは、仮説だけで仕事をしてはなりません。
基礎をキチンと身につけ、実務の世界でそれを実証してゆく姿勢が大事です!

 

第2回目は・・・これくらいにいたしまして・・・またお目にかかれること楽しみに致しております。

 

ありがとうございました。

 

 


第1講:『疑似相関という現象』

【中国西安の街を守る堅牢な城壁】

 

令和2年7月末日にお陰様をもちまして、ブログ発刊1000巻を達成することができました。
「継続は力なり」をいつも肝に銘じております。

 

今日からまた新たな一歩の始まりとして、今まで書き貯めたもの、トピックスを題材にビジネス・
リーダーの皆さんに自問自答する事柄を投げかけて行きたいと思います。
また、かなり専門用語を使うことになろうかと思いますが、なんとかお付き合いいただきたく存じ
ます。

 

先日、Facebookグループ「予知 前兆 予兆 地震 火山」なるフィードで、台湾の学者もどきの
人が、数ヶ月前(ある人は6ヶ月前とも言っております)から、最近ではほぼ毎日、「今日から
10日以内に広島県でM8.5の地震が発生する!」と投稿し続けたのです。
どうも居たたまれなくなって、少しクレーム染みたコメントをそのグループに入れました。
「もう数ヶ月も前から、何度も当たっていないのにどうしてこのような投稿をするのでしょうか?」
と・・・。
そうしたら、
「誤差の範囲だ! 東京大学の地震学者だって毎年30年以内に大地震と言っている!」
と権威を持ち出してご自身を正当化させようとします。
それに私は「五十歩百歩ですよ!」ってレコメンとしますと遂には、
「地震が起こるまで、あなたは私を笑っておきなさい!起こってしまったら、あなたは泣きますか
 ら!」
と突っ込んでくるんです!(^^;

 

これは宗教を勧誘する常套手段的話法なんです!
特に得たいの知れない新興宗教の勧誘(折伏)文句は、
「あなたはこの宗教をバカにしている! もし、あなたがコロナに罹った時、後悔するから!」

 

詐欺師の世界では、「ストックスピール」と呼ばれる専門用語があります。
ご興味がある方は、Google検索なさって下さい!

 

さて人間の非力な精神構造を証明する一つに「疑似相関」というのがあります。

『疑似相関(Spurious correlation)』;それと同じ事が、地震予知をやっている人たちの世界でも起こ
っています!

 

まず、これから述べることは「スピリチャルな世界」や、「怪奇現象」「科学で解き明かせない
未知のこと」を探求する人たちを一切否定するつもりのないことをお断りさせて下さい!

 

私も、やくざや右翼や、もろもろその辺のチャラチャラ・チンピラという実態など怖くはありませ
んが、一人大きな部屋や多くの無人の部屋がある建物の夜などは・・・ビクビクしますし、少しの
音も気になります(^^;
ですから、得体の知れないものに対する人間の無知なる恐怖心や好奇心を否定する人間ではありま
せん!

 

今から、書き上げる事柄は、もしかすると、その想像できる個人とかなり親しい方もお読みかと
思いますが、勇気を持って書かせていただきます。
もちろん、このブログが原因で、Facebookやそれ以外の人間関係上のお付き合いがなくなっても
仕方ないことを覚悟で書きます。

 

そもそも、とあるスピリチュアルな世界で教祖様的な生き方をしている御仁がいました。
私が中小企業診断士の資格を取得したときに出会った人でした。
当時は、東京のある大会堂に新診断士一同が集められ、中小企業庁主催の合格祝勝会なるものをが
ありました。

 

私の隣に彼が居合わせたのです。
もちろん名刺交換などを行い、その後は会うこともなかったのですが、年賀状での交流が続いて
おりました。

 

3年ほど前のことです。本当に久しぶりに電話が掛かってきたのです。
一度会って、原発地域の除染に役立つ薬剤?を紹介したいということと、本当に実用化するために
いわきの放射線量の高いところで実験をやりたいので、お手伝いしてくれないか?というものでした。
彼が、どんな仕事についているか、その時は知りませんでした。
今でも・・・皆目、解りません!

 

彼が私の事務所に現れたとき、数人の中年以上の女性を3人連れて来ました。
その中の一番年配の女性が、彼のスピリチュアル集団の秘書的役割を担っているように思いました。
その女性が、おもむろに彼のことを「先生」と呼びながら、話しの前に、彼が映っているビデオを
観てくれと・・・。

 

彼は、とある「超越なんちゃら協会」というどうみてもスピリチュアル系の団体会長なのでした。
いまグーグルで「超越なんちゃら協会」を検索しますと・・・HPが削除されています(^^;
また、「超越なんちゃら協会 詐欺」という検索結果も出てきます。

 

もちろん、私はその観てくれというビデオを社交実例的に観ました!
彼は、ふんぞり返って私のビデオを観る姿をニコニコしながら眺めていました。
私は、彼らに分かるような顔には出しませんでしたが本当に仰天しました!!
正直言って、笑いを消すのに必死でした(^^;

 

実は、その集団で教祖様的存在となっている彼が披露する「氣の舞」と題した、太極拳なのか? 
なんなのか?・・・武道的な演舞もどきを見せてくれたのです。確かに、
踊りとしてはまずまずのように感じました!

 

私は、かつて空手をやっておりました。
一応2段(現在は実力20級くらいです!)ですから、武道としての腰の座りやスタンス(脚の
運び、置き方)のあり方、手足の振る舞いの基本は同じですから、彼のお遊戯の異常を発見する
ことは簡単です!
彼の「ヘンチャラ舞」は、ド素人の方々には本物に見えるのでしょうが、私たち武道を嗜んだ者に
はウソを見破ることができます。
大きなミスは、そのビデオをDVDにして、再度観てくれと置いていったのです。
私の親しくしている太極拳のかなりの上段者にそれを見せましたら、最初から顔を見合わせながら
二人で大笑いしました!
合気道の師範をしている友人にも見せましたが・・・「なんじゃぁ〜これは!(^^;」でした。

 

しかし、そのことは別にして彼が私の元に来たのは、紹介したいというその薬剤の効用を実験に
よって証明することが本来の目的でした。
私が、いわき市で親しくさせていただいている経営者に協力をお願いし、福島県富岡町という原発
事故による帰宅困難地域(高放射線量地域)で実験をやらせていただくことができました。
お陰様で、いわき市で活躍する経営者の方のお力で、その実験を夏前から始めることができました。

そんなわけで、彼の主宰するスピリチュアルな集団が主宰する会合にも招待され、彼の熱狂的信者
であろうと思われる十数人の方々(90%女性)とFacebookの友達になりました。
もちろん、彼もFacebookの友達になりました。

 

ところが・・・時間が経つにつれ、「科学的思考」と「健全なる懐疑心」でことを観る性格の私は、
その薬剤の実験過程で・・・、どうも腑に落ちないことが多々出てきました。

 

決してまがい物ではないように思いましたが、3・11以降、いろいろなところで実験をやってき
て、このように効果が出ていると彼が自信を持って発言するわりに・・・世に出ません!
その後も、一部の人たちのクローズドな世界では信奉されているようですが、未だにその製品は
この世の中では評判になっておりません!

 

ここでは詳細を述べることは致しませんが、私は彼となるべく疎遠になるように振る舞い始めました。
私の持つ特有な「危険」を感じたからです。

あの「ヘンチャラ舞」だけでなく、彼は「理学博士」を取得したというのです。
堂々と彼が教祖様をやっている集団の会合や講演会案内パンフやインターネット告知などでは、
彼が出演する講演会や超なんとか気功という整体を行う会合などの紹介のときには、経歴や肩書き
が明確に書かれています。

 

が・・・なんとその称号の一つ(名誉経営学博士???)は、全世界的に認められていないハワイ
にある知る人ぞ知る「金銭を出せば誰でももらえる似非大学の称号」だったのです!

 

診断士になりますと、似非MBAや博士号がお金で買える案内パンフレットがちょくちょく届きます。
本来なら・・・学歴詐称か・・・、多くの人からブーイングの起こる「博士」様なのです。
確かに彼は、とある国立大学の理学部を卒業していることは事実ですが学士です。

 

そうこうするうちに・・・、フィリピンの大学検索では決して引っかからない・・・、へんちょこ
な大学で理学博士を取得し、教授であったりしているのです。

 

また中小企業診断士であることも記されています。
確かに30年ほど前に資格取得し、当時は通産省に登録されていたはずです。

しかし、中小企業診断士は5年に一度更新手続きをしなければ・・・中小企業診断士であり続ける
ことはできません。
もし更新をしないで中小企業診断士でなくなっていたら、中小企業診断士を名乗ることは国家資格
であることから資格称号詐称に問われます!

軽犯罪法第1条第15号では、「官公職、位階勲等、学位その他法令により定められた称号若しく
は外国におけるこれらに準ずるものを詐称し、又は資格がないのにかかわらず、法令により定めら
れた制服若しくは勲章、記章その他の標章若しくはこれらに似せて作つた物を用いた者」と規定さ
れています。
この規定では、官公職や勲章、学位などを詐称したり、資格がないにもかかわらず制服や勲章を
勝手に着用したりする行為が禁止されています。
たとえば博士号を持っていないにもかかわらず、「○○大学法学博士」などと名乗る場合だけでな
く、単に「法学博士」と名乗るだけでもこの規定に抵触するんですよ!

 

このようなものはマスコミが事件性のある事案を調べるなら、すぐに裏を取ることができますが、
大した事案でなければ放ったらかしですからねぇ〜!
私も、もちろんそんなことをする気も、時間も、お金もありません。
大多数の人たちが、そんな面倒なことはどうでもいいのです!

 

それよりも・・・称号っていうのは、権威付けには持ってこいなのです!
ですから、このような手を使って権威付けをしようとする者のほとんどが詐欺師か、それに近い
タイプと断言できます!

私から言わせると・・・日本のどんな小さな地方の大学や、とやかく非難される実在の大学で名実
ともに確かな教授・準教授、博士号を持たれる先生に比べれてたら、とある新興国の実態があるの
か?ないのか?解らないへんちょこ大学の教授であるって、よくも恥ずかしくもなく使えるなぁ〜
と思うのですが・・・?

 

彼が立ち上げた「放射能滅殺薬剤を普及する」クローズドなFacebookグループのメンバーには、
例の薬剤の件で、私も登録されていたのですが、私はある時とコトを境に退会しました。
その理由は、Facebookの彼のフィードや彼の主宰する「超越なんちゃら協会」のホームページでは、
平和主義者、人類の愛を説いているのに、平気でそのFacebookグループのメンバーである女性2
名を排除したからです!
理由も???なのです!(詳しくは書けません! その女性に申し訳ないからです!)
一人は海外在住の女性、もう一人は彼の重要な仕事の、パートナー的存在の彼と同郷の女性でした。

 

簡単な理由は、その薬剤を彼らは他言する可能性があるから・・・と(^^;

 

そして、ここなんです。それは彼の命に関わるから・・・というのです(^^;

 

私が自らグループを退会した後、何度か彼からメッセージや電話でその理由を問われましたが・・
・、のらりくらりと返事をしておりました。

ところが・・・これから書く「疑似相関」というタイトルのメルマガ雑考をあえてFacebookに
投稿しましたら、そのメルマガを発刊配信して1日経ったら、Facebookで彼が私を「ブロック」し
たのです!
おおよそ1週間後に別のタイトルでメルマガを発刊したとき、読者数が1人減っていましたから、
おそらく彼は読んだのですね・・・(^^;

 

彼が私をブロックまでしなければならない理由は、私にも分かりません!
皆さんの推察にお任せします!

 

彼はいわば宗教指導者的なスピリチュアル集団の教祖様で、講演・講義、執筆記事の端々に「愛」
とか「優しさ」とか、「幸せは心の宇宙」とか、・・・、素晴らしい言葉を多用する人です。
そんな寛容なお方が・・・なぜ、私をブロックするのでしょうか・・・???
私のことをご存じの方は、これだけでも不審に思われるに違いありません!

 

長々と前置きをしてしまいましたが、人間の非力な精神構造を証明する一つに「疑似相関」という
のがあります。

 

『疑似相関(Spurious correlation)』;それと同じ事が、地震予知をやっている人たちの世界でも起こ
っています!

「擬似相関」という精神心理について、お話をしなければないません!!

 

まずは、Wikipediaの定義から!
『擬似相関』(ぎじそうかん、英:Spurious correlation)は、2つの事象に因果関係がないのに、
見えない要因(潜伏変数)によって因果関係がまるであるかのように推測されること。
「擬似相関」は、客観的に精査するとそれが妥当でないときにも、2つの集団間にまるで意味の
有る関係が存在するような印象を与える。

2つの(確率)変数間の「擬似相関」は、第三の原因変数を導入することで生み出される。
換言すれば、AとBの間の相関を見出す。
従って、考えられる関係としては次の3つがある。
AがBを発生させるBが、Aを発生させる、またはCがAとBを発生させる最後の関係が「擬似相
関」である。
そのため、「相関関係は因果関係を包含しない」とよく言われる。

 

なんだか、さっぱり分からない定義が書かれているようですね(^^;

もっと身近な例でお話します!

 

Facebookのグループ・ページにかつて「地震の前兆」なるページが存在しました。
興味本位と、もしや地震の前兆・予知について貴重な情報があるのではということで、私はこの
グループにメンバー登録しました。
数人の人は、学者の様な人で、クソが付くくらい真面目な論文やデータをアップされますが、ほと
んど誰も見向きもせず、「いいね!」の数も非常に少ないのです(^^;
私は、逆にそのような数人の真面目な方の論理に興味があります。

 

関心の多いアップには「いいね!」はさることながら、「コメント」がズラズラとアップされます!
そのほとんどが「怖い〜!(^^;」「間もなく地震が起こる!」などと、笑止千万なものが多いので
す(^^;

特に面白いのは、スピリチュアル系のお人なのでしょう!?・・・「地震雲」なる写真をいっぱい
アップします。
私もいささか、パイロットとして空の雲を見る事が多く、それらのアップされた写真は紛れもなく
「ただの雲」が圧倒的に多いのです!

 

このグループ・ページに参加の信者?の多くが、『疑似相関』の呪縛に罹っているように思えます!

「地震」というあることが起こる!
そして、本当はそれとは関係のない「見たこともない現象(雲・幻覚・幻聴)]ということが起こ
ると、「地震」と「見た雲」「起こった現象」には関係があるように見えてしまうのですね!

 

これを『疑似相関』と言います。

 

たとえば、有名な『疑似相関』の笑い話(実話)をご紹介します!

あるへなちょこ学者が、野菜の生産量と大学進学率の関係を調べていたのです。
この「仮説」自体が突飛押しもないへなちょこでしょう!?(^^;

なんとカボチャの生産量が減り、レタスの生産量が増えると、大学進学率が上昇したというです!
と言うことは・・・「カボチャを食べると頭が悪くなり、レタスを食べると頭が良くなったからな
のだ!」と結論づけて学会で論文発表をしてしまったのです(^^;
当然、知見ある先生方からひどくバッシングされました。

そんなことあるはずないでしょう!?
「食生活の変化」と「大学進学率の上昇」が、たまたま同じ時期に起こったというだけです!

 

もっとたくさんの笑い話になりそうなことが山ほど身の回りにあります!

特に「地震におびえている人」「どうしても地震が起こって欲しい人?」は、何かにつけて、まこ
としやかに「まもなく地震が起こる!」と信じたいし、他人をも同調させたい心理が働きます!

 

『疑似相関』・・・、生活場面で身の回りにたくさん起こっております!

このグループ名「地震の前兆」というタイトルに踊らされて、投稿する人が多数おり、それに同調
して盛り上がりを狙う人もおります。
しかし、このグループの主宰者は純粋に今の科学では、まだ解明されていない「地震」の前兆事象
があるのでは?とお考えになり立ち上げられたものだと信じております!

 

「あたしは『疑似相関』の自己心理が働いているのでは?」と一息呼吸をしてから、投稿なされる
ことをお薦めしたいのですが、集団心理も働いて、我も我もでただの「飛行機雲」、「巻雲」「高積
雲」「層積雲」などをアップします(^^;

 

ですから小生の場合は、この現象はなんでしょうか?というスタンスで、教えを請う気持ちを優先
しております。

まことしやかにご自身が、地震前兆を捉まえる大家のような書き込みに対しては「アホか!」と
思いますが、別段異論を書き込むことはしません!
ましてや、「いついつに地震が起こります!」なんて書き込む「ド阿呆」もいるのです!
このような人間には、不思議と信者のようなフォロワーがいまして・・もう教祖様気取りです(^^;

だいたい、見せかけのスピリチュアル系の教祖様の性格ってほとんどこんなものなのです!
(何度も念を押すようですが、スピリチュアルな世界ややっている人を否定しているのではありま
 せん!)

 

自身の発言にいささかの揺らぎやブレ、不安を与えることがあってはカリスマ性が保てませんから
・・・、努めて「詭弁」でやり込めます。
その筋の教祖様を信じ込んだ信者の皆さんは、学歴などはまずまずなのですが、オームとまったく
同様に「詭弁」にコロッといきます。
「あ〜言やぁ上祐、こう言やぁ上祐!」で有名になったオームの元幹部や麻原死刑囚も、「詭弁(行
き過ぎるとウソです!)」に長けていました。

 

書き始めに紹介したスピリチュアル系教祖様の話しをここでも出します。

彼が、信者向けに「おバカな投稿」(私の主観的感想です)をしたのです!
長文でしたが・・・
「"遠攻近交"は戦略の常識なのだ!」と書いたものですから・・・、私はすぐさま、「それは"遠交
 近攻”ですよね!?」って、コメントを入れて正そうとしたら・・・、「新説です!」って、
コメントが帰って来た・・・(^^;

 

「遠交近攻」が正しく、「遠攻近交」という「交」と「攻」が逆転する言葉は存在しません!

信者様達は、絶賛・賞賛のコメントを入れています(^^;

 

これには驚きましたので、議論すべきでないので、「???」ってだけ、レコメントしたら・・・、
5分もしないうちに買い込みが削除されているのです!

 

このように教祖様、カリスマ様を自認するお方達は、とにかく「謝らない!」「ミスを認めない!」
のです(^^;
しかし、「おバカな教祖様」を信奉する「お阿呆な信者様達」は、教祖様のすべてを絶対に信心する(^^;

『疑似相関』的な出来事を、そのスピリチュアル系グループや新興似非宗教団体では、とにかく
大事にする。
ただの「レンズ雲」でも、「彩虹」でも、エアラインの飛行機の中から見た「ブロッケン現象」に
も・・・、雲の形一つにも「命名」して、大げさに感動したり、何かが起こる前兆に捉まえてしまう(^^;

時間が無駄なので私はやりませんが、上述した「地震の前兆」なるグループでの書き込みで、「い
ついつ地震が起こるかも!?」とか「いつまでに地震が起こっても不思議でない!」とかの書き込
みを時系列に整理して、実際に起こった地震の事実を調べればいいのですが・・・。
まずは起こっていないことの方が多いことを、統計を取ってみれば簡単に証明できます!
また、このように書くと「日本から遠く離れた地球の裏側に近いところで起こった地震」を「ほら
っ! 言ったとおりだ!」と・・・抜かす御仁がいる(^^;
だから「当たった!」と、本当の日本のどこそこ地域でと書いていたクセして・・・自論を正当化
するのです!

 

「疑似相関」それと同じ事が、地震雲や地震予知の研究の世界、スピリチュアルな世界で起こって
いるのです!

確かに、現代科学で解き明かす事のできない事象は無限にあります!

 

しかしビジネス・リーダーは、兎にも角にも「三現主義」に徹し、「現場」&「現物」&「当事者」
への直接コンタクトを取り、五感を総動員して、ことの「現象」と「原因」を突き詰めようとして
下さい!

 

そして、多くの「情報」を「取捨選択」すべく、正しい「基準・物差し・尺度」を持って精度の
高い「分析」を行い、精度の高い「仮説」を立てて「判断」「実行決断」をして下さい!
そうすれば、より精度の高い「仮説検証」ができるのです!

これを「科学的思考&試行」といいます。

 

勝手な「疑似相関」の「妄想」を持ってしまい、大きなバイアスを掛けてしまって、実行・実践が
遅れたり、真逆に早まってしまったりすることのないようにいたしましょう!

何度も書きますが・・・、このブログの前に、メルマガとして発刊した記事を配信した途端・・・、
紹介した彼からFacebook友達をブロックされました。
私は、まったくどうでもいいのですが、『疑似相関』という概念と手法が似非宗教や詐欺師の手口
に意外と使われること知っていただきたいのです!

 

また、私たちは自分の思い込みを強くするとどうしても見えないモノを観たような錯覚、聞こえて
もいないモノが聞こえているように思い込む「疑似相関」の心理的障害を抱えてしまうことを知っ
ていただきたいのです!

 

あの放射能を滅殺する薬剤は、もちろん、いわき市や双葉町、原発除染地域でクローズアップされ
ている事実はまったく無いのが現状です! 

 

ありがとうございました。

 

 




ホーム事務所概要事業案内いわき夢実現塾お問い合せ

代表プロフィール視察記 | ビジネスと人生に役立つメルマガ「人生いろは考」代表藤本のブログ

経営コンサルタントの重宝リンク集 | リンク